【ビデオ】21世紀に甦った「デイトナ・クーペ」を、ジェイ・レノが走らせる!
米有名司会者ジェイ・レノが様々なクルマを紹介する番組『Jay Leno's Garage』。今回は、レースで数々の成功を収めた名車「シェルビー・コブラ・デイトナ・クーペ」のレプリカ「SPF・ブロック・クーペ」を紹介している。

フォードのエンジンを積んだデイトナ・クーぺは、1965年に米国産レーシングカーとして初めて、現在でいうスポーツカー世界選手権でフェラーリを破った。このとき勝利を掴み取ったのが元レーシング・ドライバーで、シェルビー・アメリカンの創設者キャロル・シェルビー氏。そして、もう一人、デイトナ・クーペの歴史を語る上で欠かせないのが、ボディ・デザインを手がけたレーシングカー・デザイナーのピート・ブロック氏だ。同氏は、GMのシボレー「コルベット・スティングレイ」などをデザインしたことでも知られている。

そのブロック氏が60年代に活躍していたレーシングカーを復刻させるべく、再びボディデザインを担当したのが、この「SPF・ブロック・クーペ」だ。デイトナ・クーペを21世紀に受け継ぐために造られた同車には最先端の技術が取り入れられているという。

ビデオで紹介されている車両は、1999年に製造されたもの。一度分解された後にオーナーによって組み立てられており、カスタマイズも施された個性が光る仕上がりとなっている。それでは早速、ジェイ・レノの運転で颯爽と走る同車の姿をビデオでご覧いただきたい。




By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:iV concept Nissan

【PR】シェルビーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:The Worst Gift Ever

Related Gallery:

Related Gallery:Tata Tower

Related Gallery:

Related Gallery:2011 Harley-Davidson CVO Softail Convertible

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 04

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 05 01