【レポート】トヨタが米で「スープラ」の商標を再登録
Related Gallery:Toyota FT-1 Concept: Detroit 2014 Photos

Related Gallery:Toyota FT-1 Concept Photos

今回は、トヨタが米国で登録商標「スープラ」を更新したという情報をお伝えしよう。

米国で1998年(日本では2002年)に販売を終了したスープラ。以来、多くのファンが復活を待ち望み、後継車についての噂も絶えなかったが、ついに先月、デトロイトで開催された北米国際自動車ショーで、次世代スープラと噂されるコンセプトカー「FT-1」がお披露目された。さらに今月10日、トヨタは「スープラ」という商標を米国特許商標庁で更新登録した。

自動車メーカーが商標の権利を失わないよう、特に使う予定がない場合でも商標登録を更新することは珍しくない。しかし、トヨタは以前、一時的に「スープラ」の商標権を放棄していたようだ。オーストラリアの自動車メディア『The Motor Report』によると、トヨタは「スープラ」の商標を1979年に初登録した後は毎回更新を続けていたが、2006年に失効。2010年に再度登録するまでには空白の期間があったという。今回、改めて登録し直したということは、やはりなにか新しい動きがあるのではと期待が高まる。

デトロイトで披露された「FT-1」は、米カリフォルニア州にあるトヨタのデザイン会社「Calty Design Research, Inc.」が手掛けたもの。「2000GT」や「セリカ」、そしてスープラなどからインスピレーションを得た、曲線が美しいモデルに仕上がっている。パワートレインなどの詳細は不明で、トヨタがBMWスポーツカーの共通プラットフォームの開発を行っていることも、次世代スープラに影響があるのかは未知数だ。続報が入り次第、追ってお伝えしたい。

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Toyota FT-1 Concept: Detroit 2014 Photos

Related Gallery:Toyota FT-1 Concept Photos

【PR】スープラの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Toyota Supra: Through the Years Photos

Related Gallery:Toyota Supra Rendering

Related Gallery:Denso SARD Supra HV-R

Related Gallery:1967 Toyota 2000GT Photos

Related Gallery:Toyota 2000GT MF12

Related Gallery:Toyota Celica GT-FOUR ST165

Related Gallery:Sprint Series Toyota Celica GT-FOUR

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on

Related Gallery:HTC Sensation 4G