「標識や装備に問題はなかった」 シューマッハのスキー事故の調査が終了
今回は、昨年12月にミハエル・シューマッハが重傷を負ったスキー事故の調査を担当したチームが、2月17日に調査結果を当局に報告していたというニュースをお伝えしよう。

調査チームを率いるパトリック・クインシー検察官は、フランスのスキーリゾートであるメリベルで起こった今回の事故原因について「何かしらの違反を犯した人間はいない」と報告したという。米の金融情報サービス会社『ブルームバーグ』によると、「毎年50件あまりの深刻なスキー事故を調査しているチームが、今回の事故調査を担当。その結果、メリベルスキー場のゲレンデにある標識や表示の仕方は、現行のフランスの法律に適合しており、シューマッハ氏がレンタルしたスキーにも欠陥はなかったという結論にいたった」と報じている。

シューマッハは事故後、頭蓋骨内の出血などを抑える手術を受け、人工的な昏睡状態が保たれていたが、1月30日にシューマッハの広報担当が、「鎮静剤の投与量を徐々に減らし、昏睡状態から覚醒させる治療が始まっている」と発表。先週には、「依然、覚醒させる過程にあり、意識が戻るまでには長い時間がかかるかもしれない」というシューマッハの家族からの声明を発表している。一刻も早い彼の回復を祈りたい。

By: Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】シューマッハの生還を祈りつつ!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:Samsung Galaxy Note 10.1 press shots

Related Gallery:Dungeons and Dragons Online Update 8 Adventure Pack

Related Gallery:Tesla Roadster arty

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Samsung Galaxy Note 10.1

Related Gallery:

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 01

Related Gallery:Tokyo autosalon 2013 girls 09 05

Related Gallery:Tokyo autosalon 2013 girls 09 04