【ビデオ】パガーニ創業者の愛車、「ゾンダS7.3」に同乗させてもらう!
今回は、イギリスの自動車メディア『XCAR』が制作したパガーニ・アウトモビリ社の創業者、ホラチオ・パガーニ氏自身が所有する愛車の映像をお届けしよう。

パガーニ氏が自らハンドルを握るのは、「ゾンダ Fロードスター」でも、ゾンダの後継モデル「ウアイラ」でもなく、「ゾンダ S 7.3」。2002年のジュネーブモーターショーでデビューしたこのS 7.3の最高出力は547hpで、Fロードスター(594hp)やウアイラ(720hp)に比べるとパワーは控え目だ。

パガーニ氏が個人用として乗っているクルマは、6番目に製造された「ゾンダ」であるという。その7.3リッターメルセデスAMG製V12エンジンのサウンドを聴くだけでも、このビデオを観る価値はあるだろう。さらにパガーニ氏が語るそのクルマについての説明、なぜカーボンセラミック・ブレーキを装備しないのに鬼のように止まれるのかとか、高速走行時のハンドリングについてなどを聞くことができる(お望みならもっと長いインタビューもどうぞ)。後半は羨ましいことにホストのアレックス・ゴイがドライバーズ・シートに座り、このスーパーカーを味見させてもらう。彼の興奮した表情を見ればその素晴らしさが伝わってくるだろう。

それでは早速、パガーニ氏の"パガーニ"をご覧いただきたい。




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Gallery: Pagani Zonda Absolute

【PR】パガーニ ゾンダの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Pagani Zonda Revolucion Photos

Related Gallery:Geneva 2010: Pagani Zonda Tricolore

Related Gallery:Pagani Zonda HH

Related Gallery:Pagani Zonda R

Related Gallery:2013 Pagani Huayra First Drive

Related Gallery:Pagani Huayra Photos

Related Gallery:Pagani Huayra w Carbon Fiber Finish Geneva 2012 Photos

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-32

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-33

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-13