【ビデオ】たった52馬力のシトロエン「AX」ディーゼルが、ニュルで見事なラップタイムを記録
たった52馬力の1.4リッター・ディーゼルを搭載する20年前に作られたシトロエンの小型車「AX」が、超難関コースとして有名なニュルブルクリンクの北コースで、9分55秒という見事なラップタイムを叩き出したビデオをご紹介しよう。

ドライバーの正体は明らかではないが、彼はこのコースで10分を切ることを目指し、自宅があるフランスのボルドーから1115 kmも離れたニュルブルクリンクに7年間で、10回も通ったという。そして、ついに118回目のラップで今回の記録を達成したそうだ。

映像を見て分かるとおり、ブレーキはほぼ使っておらず、コーナーでは大回りになるほどアグレッシブな走りを見せている。52馬力の車では、一度勢いを失うとタイムに大きな影響が出るためそうした走りにしていると、ドライバー自身も認めている。

なお、この小さなシトロエンは、長年の挑戦の間にエンジンを9回、トランスミッションを5回交換しているそうだ。また、ボディ剛性を高めるためストラットタワーバーを追加し、その関係でインテークマニホールドもアルミ製に変更したという。フロントタイヤには、グリップが非常に強いヨコハマタイヤA048を装着している。

それでは早速、感動的な記録達成を収めた映像をご覧いただこう。コメント欄への感想もぜひお寄せいただきたい。




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Citroën WTCC C-Elysee Racecar: Frankfurt 2013

【PR】シトロエンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Citroën DS3 Racing MAT GOLD

Related Gallery:Citroën Cactus Concept: Frankfurt 2013

Related Gallery:Porsche-Citroën 911DS by Brandpowder Photos

Related Gallery:Citroën Cactus Concept Frankfurt

Related Gallery:Citroën DS3 Racing: Tokyo Motor Show 2011

Related Gallery:Citroën DS3 Cabrio Racing

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-03

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-13

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-19