今度は脳神経外科医たちが「シューマッハは一生目覚めない可能性がある」と発言
昨年12月29日に起きたスキーの転倒事故で頭部に重傷を負い、治療の一環として現在、人工的な昏睡状態におかれているミハエル・シューマッハ。あえて昏睡状態としているのは、脳内の出血が疑われており、脳への酸素供給を減らし回復を早めるための措置だということだが、この昏睡状態を長引けば、一生意識が戻らない可能性があると英タブロイド紙のニュースサイトが報じている。

『Mirror.co.uk』によれば、ドイツで行われた医学会議で、シューマッハの治療方法が話題となり、脳神経外科医たちの間で「人工的な昏睡状態を8日以上続けると永久的な脳障害が起こる危険性があり、たとえ昏睡から目覚めたとしても、記憶障害に悩むか、あるいは一生目を覚まさない可能性がある」という意見が交わされたという。

シューマッハがフランスのグルノーブル大学病院に収容され、昏睡状態に置かれて約1カ月。病院側は"シューマッハの容体は安定しているものの、危機的な状況を脱していない"としている。彼のそばには妻コリ―ナと2人の子どもらが付き添い、現在も病院の前ではシューマッハのファンたちが回復の祈りをささげている。

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Schumacher tests the Ferrari F2007 at Mugello Photos

Related Gallery:Michael Schumacher's championship-winning Benetton B194 Photos

Related Gallery:Michael Schumacher To Drive F1 Car On Nurburgring

Related Gallery:Schumacher GP2 test at Jerez

Related Gallery:Schumacher Tests the Ferrari 599 HGTE

Related Gallery:Stills from the Ron Howard F1 film Rush Photos

Related Gallery:Kamui Kobayashi: 2012 F1 Abu Dhabi Grand Prix

Related Gallery:2012 F1 Brazilian Grand Prix

【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-40

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-41