【東京オートサロン2014】コンプリートカーとして市販化を目指す「GRMN 86」!
1月10日〜12日に開催された東京オートサロン2014 with NAPACでは、トヨタ社内で「クルマの味づくり」に取り組む「GAZOO Racing(ガズー・レーシング)」が、FRスポーツ「86」をベースにいよいよコンプリートカーとして市販化を視野に入れた「GRMN 86 Concept」を発表。開発を担当されている方にお話を伺った。

Related Gallery:Toyota GRMN 86 Concept: Tokyo Auto Salon 2014

これまでスーパーチャージャー付き「iQ」や、ターボ化された「ヴィッツ」などのコンプリートカーを限定販売して来た「GRMN」。その名前は「カズー・レーシング・チューンド・バイ・マイスター・オブ・ニュルブルクリンク」の略であるという。ドイツにある有名なニュルブルクリンク・サーキットで車両開発を行う中、そこで得られたノウハウを元にカタログ・モデルよりさらに「走りの味付け」に拘ったコンプリートカーを作り上げ、限られたクルマ好きに向けて販売するブランドだ。コンセプトは、一般道からサーキットまで「道を選ばない走り」と「誰もが気持ちいいと感じる走り」を追求すること。果たして彼らは86をどういうレシピで料理するつもりなのだろうか。




東京オートサロン2014の会場で初めてベールを脱いだ「GRMN 86」は、ルーフやボンネット、トランクリッドがカーボンファイバー製となっており、フロント以外のガラス類はポリカーボネートで置き換えられていた。後部座席は除去され、フロントに装備されたバケット・シートはシート・バックがカーボンファイバーで出来ていることが見て分かる。

iQやヴィッツでは過給器による大幅パワーアップを成し遂げてきたGRMNだが、86では「本来のコンセプトを活かす」ということで自然吸気のまま。富士重工業製「FA20」型水平対向4気筒エンジンはコンロッド、ピストンなどのムービング・パーツが軽量化されているというが、最高出力は控え目に「200PS以上」と、ノーマルよりは向上しているということを匂わすだけ。

リアに装着された大型ウイングを除けばボディの形状に大掛かりなモディファイは見られず、全長・全幅共にノーマルの86と変わりなし。車高のみが10mm低められている。




開発の中心にいらっしゃるという方にお話を伺った。

コンセプトはやはり、"軽量化"ですか?

「その通りです。ただし、サーキット走行のみを念頭に置いて快適性は犠牲にしたクルマにするつもりはありません。例えて言うなら、BMW M3 CSLのようなクルマ。あんな方向性を目指しています」

具体的にどのくらい軽くなっているのですか?

「まだ開発を始めたばかりなので色々と試している最中ですが、今の状態で約80kgといったところですね。このクルマを買う人は、週末はサーキットや峠を走るとしても、普段90%以上は街乗りでお使いになるわけですから、騒音や振動もそれなりに対策しなくちゃならない。サーキットだけを走るなら、最初からレーシングカーを1台買った方がいいですから(笑)」

ということはコンプリートカーとして市販化を目指していらっしゃるわけですね。

「そのつもりです」

そうすると、ポリカーボネート製サイド・ウインドウはそのまま製品化できます?

「これはなかなか難しいんですが、上下(開閉)させるとどうしても砂埃なんかでキズが付くので、いま、表面に薄くガラスを蒸着させる技術で(解決することを)研究中です」

ボディにはカーボンファイバーが多用されているようですが。

「私自身が本物志向なので、このクルマに"カーボン調"、"アルミ調"というのは一切ありません。低重心化のために上からということで、まずはルーフ、そしてボンネットとトランクリッドを、全て"リアル・カーボン"で製作しました。シートバックもカーボンです」

シートはトヨタ紡織製ですか?

「同じトヨタ・グループということで何かと都合がいいので(笑)、トヨタ紡織と共同で開発しています」



エンジンは自然吸気のままなのですね。

「過給器を付ければそりゃ速くはなりますが、果たしてそれは"86"なのか、と。もう別のクルマではないのか。だからこれは86本来のコンセプトを守り、メカ・チューンで"使い切れる上限のパワー"を、と考えています」

スペック・シートには"200ps以上"と書かれていますが?

「まだ開発途中なので決まっていないからそういう書き方していますが、だいたい30psアップくらいですかね。高回転でやみくもにパワーを稼ぐのではなく、トルクを絶対に犠牲にしないチューニング。そのために今は色々とやってみて、その中からどれを採用しようか、ということになります。例えば初期型の(ホンダ)S2000なんて、回せばパワーは凄いけれど、誰もが楽しいと思えるクルマではなかったでしょ」

室内にはロールケージが入っていますが、これも標準装備で市販化するのですか?

「これもまだ考え中です。剛性は上がるけれど20kgくらい重くなってしまうんです。そうすると、せっかくカーボン・パーツを使っても差し引きゼロになってしまいかねない。だからスポット溶接を増やすことで対処できないかとか、あるいはロールケージを入れるにしても重いスチール製じゃなくてアルミやカーボンで作るとかね」

市販化はいつ頃になりそうですか?

「まだ本当に数ヶ月前に開発を始めたばかりなので、やっぱり2年は(開発期間が)欲しい、と言ってます。来年末くらいに発売を目指すというところでしょうか」

iQやヴィッツの時のように台数限定になるとは思いますが、これは何台くらいになりそうですか?

「まだ分かりません。今回の東京オートサロンで皆様にお見せしたばかりですから、これを見て、欲しいと言って下さる方が多ければ、多く作ることはできますし、そうすれば価格も安くできます。今は訊かれたら取り敢えず"86台"と答えることにしていますが(笑)」

価格はどのくらいになりそうですか?

「それもまだ分かりません」

500万円くらいで出せます?

「うーん、いいとこじゃないでしょうか(笑)」

ありがとうございました、市販化まで楽しみにしています。



昨年の東京オートサロンでは、トヨタ86をベースにツインチャージャーを装着した"別のクルマ"にして出展していたGRMNだったが、今回はあくまでも「86」であることに拘ったコンセプトということになる。発売されたら是非、ニュルブルクリンク・サーキットでタイムアタックに挑戦し、自然吸気2.0リッター・クラス市販車最速ラップを叩き出して欲しいもの。ちなみに"誰もが楽しいと思えるクルマではなかった"S2000は、2000年1月に『Sport Auto』誌のテストで8分39秒を記録している。これをどこまで上回ることが出来るか。大いにクルマ好きの興味を掻き立てることだろう。


By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Toyota GRMN 86 Concept: Tokyo Auto Salon 2014

【PR】GRMN 86の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Toyota GRMN SPORTS FR Concept PLATINUM

Related Gallery:Toyota SPORTS FR Concept GRMN

Related Gallery:Toyota iQ"GRMN Supercharger"

Related Gallery:Toyota GRMN iQ Racing Concept

Related Gallery:Toyota Vitz "GRMN Turbo"

Related Gallery:Toyota FT-86 Open Concept Geneva 2013 2

Related Gallery:Tokyo Auto Salon2014 ARTIS&KUHLRACING 86


■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-05

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-06

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-07