【東京オートサロン2014】マニュアルもある! ダイハツの軽オープンスポーツ「KOPEN(コペン)」
ダイハツは、1月10日から12日まで幕張メッセで開催された東京オートサロン2014 with NAPACに、間もなく市販化される予定の「KOPEN(コペン)」を出展。東京モーターショーとは装いも新たに展示されたこの軽オープンカーについて、その後の情報をダイハツの担当者の方に訊いてきた。

Related Gallery:Daihatsu KOPEN future included: Tokyo Auto Salon 2014

今回展示されていたKOPENは3タイプ。いずれも東京モーターショーで公開された「Rmz」と「Xmz」をベースに、さらに「異なる世界観を提案」したという。

「KOPEN future included Rm1」と名付けられたモデルは、「Rmz」タイプの色違い。鏡面仕上げの深い赤、「クロムレッド」のボディ・カラーを採用し「スタイリッシュ&エモーショナルな独創的スタイリングで面クオリティと質感を追求」したというが、実は東京モーターショーに展示されていた青いボディにラッピングを施したものだとか。優美なラインがさらに引き立てられて、お洒落なロードスターという「Rm」タイプのキャラクターによく似合っている。



戦闘的なエアロ・パーツで武装した「KOPEN future included Rm2」は、同じ「Rmz」をベースにしているが、ボディ・パネルはリアル・カーボンで製作されており、リア・ウイングと前後アンダー・スポイラー、サイド・スカート、ディフューザーを装着。ダイハツでは「スポーツカーとしてのイメージを追求したスタイリング」と説明するが、「スポーツカー」というより、もはや「小さなレーシングカー」といった雰囲気。フロント・グリルもメッシュ・タイプに張り替えられていた。基本的なボディ・パネルの形状はそのまま、エアロ・パーツは「全て後付けでやっている」そうなので、後々このようなパーツの商品化も「可能性はありますね」とのこと。




一方、もう1つのボディ「Xm」をベースに、「タフ&アグレッシブ」を謳う「KOPEN future included Xm1」は、マットなカーキのボディ・カラーにグラフィックを入れてワイルドさを強調。代わりに、東京モーターショーの「Xm」では無塗装の艶なしブラックで仕上げられていたフェンダー等が、こちらではシルバーにグロス塗装されていた。いずれにせよ「異なる素材のような質感」の組み合わせがXmタイプの特徴だ。




ダイハツでKOPENを担当されている方にお話をお訊きしたところ、「現在は量産化に向けた最後の詰めの段階」だとか。気になる価格については「200万円以内、できれば諸費用込みでそのくらいを狙っている」そうだが、これが結構大変らしい。例えば展示車はリア・ブレーキもディスク式になっているが、市販モデルでは先代COPEN同様、ドラム式に変更される可能性もあるという。「コストと価格のせめぎ合いですね。どうしても価格に跳ね返ってくるので」。

性能的にはドラム・ブレーキでも問題ない?

「車重が軽いですし、全然問題ありません。まあ、(問題は)リア・ホイールのスポークの間から見える、見た目ですよね」

インテリアについてはいかがですか?

「基本的な造形はこのままです」

デジタル液晶メーターは?

「ああ、それはやっぱりコストの面で難しいかも知れません。あと、普通に針のメーターの方がいい、という声も多くいただいていますので」

今回の展示では、特に「KOPEN future included Rm2」あたり、"スポーツカー"としてのアピールを強めているように感じます。走りに自信あり、と見て良さそうですね?(笑)

「基本設計が新しくなっていますから、前のコペンよりも走りには期待していいと思います(笑)」

先代コペンは4気筒でしたが、今度は3気筒ですよね。

「3気筒の方が1気筒辺りの排気量が大きいので、トルクがあります。誰が乗っても、乗りやすいクルマになっています」

鼻先も軽くなっています?

「あ、それはやっぱりありますね」

市販される際に、名前は先代同様「COPEN」になるのでしょうか?

「先代と同じように、コンセプトの時は"KOPEN"で、製品化されたら"COPEN"にね、多分なるんじゃないでしょうか」

東京モーターショーでお訊きしたときには、CVTのみでMTの設定はなし、とのことでした。これを残念に思う方もいると思うのですが。

「いや、それは間違いです。5速マニュアルも用意します。"スポーツカー"なんですから(笑)」

それは嬉しいお話ですね。ところで、"着せ替えボディ"についてですが、まだこれは市販されてからさらに先のことになると思いますが、"第3のボディ"が出る可能性もあります?

「社内では色々と考えていますので、かなり先の話ですけど、可能性はありますね。社外の用品メーカーの方からは、既にもういくつかお話をいただいています」

来年の東京オートサロンでは、他のブースでも様々なコペンが見られそうですね。

「そうなるといいですね(笑)」

ありがとうございました、発売を楽しみにしています。



会場では、開発初期に製作された車体骨格の試作モデルや、タミヤとのコラボレーションによるミニ四駆コーナーも展示されていた。KOPENを担当されているダイハツの方には、東京モーターショーと東京オートサロンで何人かのお話を伺ったが、皆さん自信と喜びに溢れる、晴れやかな表情で語ってくださったことが印象的。市販モデルの出来映えにも期待できそうである。

ところでこの新型コペンも、量産化の際には先代の「エキスパートセンター」と同様に専用のラインを設け、そこで製造されることになるという。つまり「生産体制には、申し訳ないけれど限りがあります」とのことなので、発売直後のバックオーダーはおそらく必至。購入を考えていらっしゃる方は、予約受付が開始されたらいち早く行動された方がいいだろう。気になっている方は、以下のリンクから「新型コペン 公式プレサイト」をご覧の上、「COPEN CLUB」にメンバー登録を。なお、ダイハツでは2月10日まで、「Xm」タイプが商品化されるときのネーミングを募集中(Rmタイプは「ダイハツ自身が考えたい」そうだ)。「X」から始まるアルファベット2〜5文字の名前を考えて、是非ご応募してみては?

新型コペン 公式プレサイト


By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Daihatsu KOPEN future included: Tokyo Auto Salon 2014

【PR】新型コペンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Daihatsu KOPEN future included : Tokyo Motor Show 2013

Related Gallery:Daihatsu Copen 10th Anniversary Edition

Related Gallery:Tamiya Mini 4wd Daihatsu Kopen

Related Gallery:Daihatsu D-X : Tokyo Motor Show 2011

Related Gallery:Daihatsu D-R concept

Related Gallery:TokyoMotorShow2013 Daihatsu 01

Related Gallery:Daihatsu Tokyo Motor Show 2013

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Designer Androids

Related Gallery:Evolve Motorcycles Lithium

Related Gallery:Evolve Motorcycles: Tron Lightcycle Xenon