【北米国際自動車ショー2014】
Related Gallery:VW Beetle Dune Concept: Detroit 2014 Photos

Related Gallery:Volkswagen Beetle Dune Concept Photos

今回は13日からデトロイトで開催されている北米国際自動車ショーで、オフロード仕様のフォルクスワーゲン「ビートル・デューン・コンセプト」がお披露目されたのでご紹介しよう。

"21世紀の「バハ・バグ(メキシコのバハ・カリフォルニアで行われるオフロードレース用に改造された車高の高いビートル)」"として作られた同車は、「ビートル R-Line」のパワートレインをベースとした最高出力210hpの2.0リッター4気筒ターボ「TSI」エンジンや、6速デュアルクラッチ式トランスミッションを搭載。ボディサイズは量産モデルのザ・ビートルよりもやや大きく、ルーフ高が0.8インチ(約20.3 mm)、最低地上高が2インチ(約50.8 mm)引き上げられている。ホイールアーチエクステンションも装備され、車幅は2.2インチ(約55.9 mm)ほど広くなっている。また、トレッドが前後とも1.1インチ(約27.9 mm)ほど広げられているため、19インチ5スポークホイールとのバランスもいい。

ボディカラーはメタリックなイエローオレンジ「Arizona」。ボンネットやフロント部に新しいスタイリングパーツを採用し、フロア周囲にはアルミ製のスキッドプレートを装着して、よりアグレッシブな外観となっている。また、後方部のスキーやスノーボードを載せるラックは、スライド式のリアスポイラーと一体型となっている。

量産モデルのビートル同様、室内のダッシュボードにはボディカラーと同じ色が施されており、シートはレザー通気性のあるクロスのコンビネーション。車載用インフォテインメントシステムには、7.7インチAMOLEDディスプレイを使用している。

実は、2000年にもフォルクスワーゲンは同じくデューンというビートルをベースにしたコンセプトカーを発表したが、残念ながら量産には至らなかった。今回お披露目されたコンセプトカーが量産モデルとなるかどうかについて、同社はまだ明らかにしていない。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:VW Beetle Dune Concept: Detroit 2014 Photos

Related Gallery:Volkswagen Beetle Dune Concept Photos

【PR】ビートルの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:VW The Beetle Racer 2013

Related Gallery:Volkswagen Beetle R Spy Shots Photos

Related Gallery:2013 Volkswagen Beetle Turbo Convertible Review Photos

Related Gallery:West Coast Customs Volkswagen Beetle Geekmobile

Related Gallery:2013 Volkswagen Beetle TDI Convertible First Drive

Related Gallery:Volkswagen Bulli Photos

Related Gallery:Volkswagen Golf Variant

Related Gallery:Volkswagen XL1 Photos

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-03

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-04