【デトロイトショー2014】SRT「ヴァイパー」に新しいボディカラーとパッケージが追加
Related Gallery:2014 SRT Viper Stryker Green Photos

クライスラーの高性能車開発部門であるSRT(ストリート・アンド・レーシング・テクノロジー)が、1月13日に開幕した「デトロイトオートショー2014」で、売り上げの低迷に苦しむヴァイパー」の新しいボディカラーとパッケージを披露すると発表した。

新しいボディカラーとして加わるのは、目を引くほどに鮮やかな「ストライカー・グリーン」。この色は、2008年のヴァイパーに使用されていた「スネークスキン・グリーン」の発展色だという。上級グレードの「ヴァイパーGTS」、もしくは標準仕様のヴァイパーに今回新たに追加されるオプション「グランド・ツーリング・パッケージ」を選択した時のみ、この色が選べるようだ。SRTの社長兼CEOのラルフ・ギレス氏は「同色は3層の特別塗装になっており、8時間かけて手作業で丹念に仕上げることで、絶妙なカーブを描くヴァイパーのボディラインがより引き立つ」と語っている。

さらに、グランド・ツーリング・パッケージには、ナッパレザーシートのほか、ヴァイパーGTSで採用されていた5つのモードが選べるスタビリティコントロールシステム、2モードのビルシュタイン製ダンプトロニック・サスペンション・システムが装備される。このパッケージを追加した場合、選択できるボディカラーはストライカー・グリーンとヴェノム・ブラックのみだという。

現段階では数枚の画像しか入手できていないが、近々デトロイトから新しい情報が入るのを期待して待っていて欲しい。詳しく知りたい方はプレスリリース(英語)も併せて読んでみよう。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2014 SRT Viper Stryker Green Photos

【PR】ヴァイパーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2014 SRT Viper GTS Anodized Carbon Special Edition Package

Related Gallery:SRT Viper Color Contest Photos

Related Gallery:SRT Viper GT3-R Photos

Related Gallery:SRT Viper GTS-R at Petit Le Mans Photos

Related Gallery:SRT Viper TA Photos

Related Gallery:2013 SRT Viper First Drive Photos

Related Gallery:SRT Viper American Le Mans Series race car

Related Gallery:SRT Viper ACR-X at the Nürburgring Photos

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-22

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-32