レクサスは、14日に北米国際オートショーで発表する新型高性能クーペ「RC F」の画像と概要を公開した。

Related Gallery:Lexus RC F

昨日ご紹介した画像と違って今回は正真正銘の"本物"。とはいえヘッドライトやホイール等を除けばあまり違いはなく、海外のジャーナリスト達がうっかり騙されるのも無理はないかも知れない。

高性能レクサスの証である「F」の文字が与えられたニュー・モデルは、2013年11月の東京モーターショーで発表されたRC クーペ」がベース。詳細なスペックはまだ未公表だが、ノーマルより高く膨らみエア・スクープが開けられたボンネットの下には「レクサス史上最強のV8エンジン」が搭載されているという。フロント・バンパーやフェンダーにも冷却用のダクトが設けられ、メッシュのグリルは「F」の文字がモチーフになっているそうだ。



トランクリッドには「LFA」から受け継いだアクティブ・リアスポイラーを装備。走行速度が50mph(約80km/h)を超えると自動的にせり上がり、25mph(約40km/h)以下になると戻るという。その下には「IS F」を思わせる台形状に配置された4本のエキゾースト・テールパイプが覘く。

10本スポークの19インチ鍛造アルミ・ホイールは3種類のバリエーションが用意され、そのうち2つはマシン・ポリッシュ、残る1つは職人の手で磨かれたものになるそうだ。



ヘッドレストに「F」の文字が型押しされたハイバック・シートを装備するインテリアには、長円形で肉厚なクロスセクション・グリップを持つステアリング・ホイールをレクサスで初めて採用。その裏に「位置が最適化された」というパドルシフトが備わる。インストゥルメント・パネルは4種類の中から選択されるドライビング・モードによって、表示される情報、色、文字サイズなどが変化するという。内装のトリムには5種類のレザーが用意される。



実車の公開は現地時間の1月14日午前8時45分(日本時間14日午後10時45分)より始まるプレス・カンファレンスにて。文末にリンクをご紹介する公式サイトでストリーミング中継されるそうだ。果たしてV8エンジンは、IS Fの最高出力423ps/6,600rpm・最大トルク51.5kgm/5,200rpmをどれだけ上回っているのか。詳しいスペックが公表されたら、デトロイトから届く写真と共に、また改めてご紹介しよう。それまで60枚を超える画像が用意されたギャラリーをお楽しみいただきたい。

Lexus International:DETROIT AUTO SHOW


By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Lexus RC F

【PR】RC Fの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2015 Lexus RC Coupe

Related Gallery:2015 Lexus RC 300h

Related Gallery:2015 Lexus RC 300h Photos

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-lexus

Related Gallery:Lexus IS F

Related Gallery:Lexus IS F Club Performance Accessory by TRD

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-23

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-24

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-25