インフィニティ、F1のエアロダイナミクスを応用した「Q50 オールージュ」の画像を公開!
日産が海外で展開する高級車ブランドのインフィニティは、1月13日に開幕する北米国際オートショーにおいて「Q50 オールージュ」を世界初公開すると発表。その画像を公開した。日本ではスカイライン」として販売されるスポーツ・セダン「Q50」をベースとした「ハイパフォーマンス・デザイン・コンセプト」であるという。

Related Gallery:Infiniti Q50 Eau Rouge Concept

F1ベルギーGPが開催されるスパ=フランコルシャン・サーキットで、"最もドライバーの度胸が試される"と言われる有名な高速コーナーからその名前が採られたQ50 オールージュは、F1で協力関係にあるレッドブル・レーシングとの技術コラボレーションによってエアロダイナミクスがデザインされたという。ベースとなった市販型のQ50よりも低くワイドなボディは、ルーフとドアの外郭以外、すべて新たに造り直されているそうだ。

フロント・スプリッターやリア・ディフューザー、サイド・シル、そしてドア・ミラーとルーフまでカーボンファイバー製。21インチ軽量鍛造アロイ・ホイールの内側に赤いブレンボ製ブレーキ・キャリパーが見える。トランク・リッドには一体化された大型リア・スポイラーが備わり、(画像では見えないが)デュアル・エキゾースト・スポーツ・システムを装着。フロント・バンパー下部の"ウイング"形状や、リア周りの空力パッケージは、レッドブルのF1マシン「RB9」からインスパイアを受けてデザインされたという。

パワートレインやサスペンションに関しては未公表だが、ボンネットに開けられた「GT-R」を思わせるエア・ダクト(ただし左側だけ)は、その下に収まるパワー・ユニットについても期待を抱かせる。



インフィニティによれば、このQ50 オールージュは「ハイパフォーマンス・プロダクトのデザイン・ビジョンを表すもの」だとか。つまり、今後レッドブルとの共同開発によるエアロダイナミクスを纏った市販モデルが登場することを示唆する、とも受け止められる。

注目のアンベールは、アメリカ東部標準時の14日9時20分(日本時間23時20分)から行われるプレス・カンファレンスで。その様子は以下のリンクから見ることが出来るようだ。まずは2枚だけ公開されている画像と短いイメージ・ビデオをどうぞ。

Reveal the fusion of F1™ and Q50


By Hirokazu Kusakabe



■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Infiniti Q50 Eau Rouge Concept

【PR】Q50の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2014 Infiniti Q50 Photos

Related Gallery:2014 Infiniti Q50 First Drive Photos

Related Gallery:2014 Infiniti Q50 Hybrid Detroit 2013

Related Gallery:Nissan V37 Skyline

Related Gallery:Infiniti Red Bull RB9 Photos

Related Gallery:Renault Megane R.S. Red Bull Racing RB8 Photos

Related Gallery:25-infiniti-fx-sebastian-vettel-version.jpg

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-09

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-10

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-11