【ビデオ】驚愕の完成度! 340万円と8年の歳月をかけて「マクラーレンF1」を自作した男!
今回は、マクラーレンF1のデザインに惚れ込み、自宅でレプリカを作ってしまったという男性を紹介しよう。

この男性はポーランド人のヤツェク・マズール氏。フレームやボディを自作し、中央部に運転席を配置。後部にはBMW製V12エンジンを搭載している。このレプリカを8年がかりで完成させたマズール氏は、自身を「アマチュアの整備士」と謙遜するが、この完成度の高さには、同車のデザイナー、ゴードン・マーレイ氏もビックリだろう。しかも総費用はたったの2万ポンド(約340万円)で、ホンダ「アコード」1台分とほぼ同額というから驚きだ。

ビデオには、マズール氏のインタビューや、このクルマの製作工程が収められている。それではレプリカが実際に走る様子を映像でご覧いただこう。




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Mclaren F1 LM:Geneva 2013 Photos

【PR】マクラーレンF1の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:McLaren Honda: Honda Collection Hall

Related Gallery:McLaren Special Operations MP4-12C Monterey 2013 Photos

Related Gallery:McLaren P1 Photos

Related Gallery:McLaren P13: Spy Shots Photos

Related Gallery:2013 McLaren MP4-12C Spider First Drive Photos

Related Gallery:Gemballa GT Spider based on the Mclaren MP4-12C Spider Photos

Related Gallery:Mclaren P1 Geneva 2013 photos

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-02

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-12