2013年 国内自動車メーカー低燃費ガソリン車ランキング ベスト5!
昨年に引き続き、今年もガソリン車の燃費ランキングをご紹介しよう。
第5位は、29.2km(JC08モード)でなんと3車種(OEM含めると5車種)。登場したばかりのスズキハスラー」(マツダ 「フレアクロスオーバー」※)、ホンダN WGN」、日産デイズ」(三菱ekワゴン」)がランクイン。

Related Gallery:2013 Gasoline-powered car ranking


第3/4位は、30.0km/L(JC08モード)でスズキ「MRワゴン」※(日産「モコ」)とスズキワゴンR」(マツダ「フレア」※)がランクイン。

減速エネルギーを利用して、オルタネーターで発電をするエネチャージ、時速13km以下でエンジンを停止するアイドリングストップ、エアコンに蓄冷材を搭載するなど新しい技術を搭載し低燃費を達成している。ワゴンタイプの軽ではNo.1の低燃費となる。

「ワゴンR」詳細記事はこちら


第2位は、33.4km/L(JC08モード)ダイハツミライース」・(スバル「プレオプラス」、トヨタ「ピクシスエポック」※)だ。

エンジン系では、時速11km以下でエンジンを停止するアイドリングストップを搭載。加えてイオン電流で燃焼状態を把握することで、再循環ガスを最大化するi-EGRシステムにEGRクーラーを採用し、再循環ガスを低温化し異常燃焼を抑制を加えたクールドi-EGRも搭載されている。

ミッション系では、CVTのハイギヤ化、低粘度CVTフルードを採用、またCVTサーモコントローラーにより、エンジン冷却水とCVTフルードが交互に熱交換し、最適温度化することで効率化をUPしている。

その他、空気抵抗を減らすバンパーデザイン、タイヤディフレクタ、フロアアンダーカバー、10mmローダウンサスペンション、車両軽量化が図られている。

「ミライース」の詳細はこちら


そして第1位は、35km/L(JC08モード)のスズキアルト エコ」(マツダ「キャロル エコ」※)だ。

基本的には「ワゴンR」と同様の燃費対策に加え、エンジンの圧縮比を11.0から11.2に向上させるとともに、ピストン形状を改良、低フリクションオイル低フリクションのオイルポンプの採用、エンジン制御、CVT制御の最適化など細かい点での改良でこの燃費性能を達成している。

12月18日に改良され、昨年に引き続き1位の座を死守した。昨年は30.0km/L(JC08モード)で首位であったので、この1年で16%も燃費が向上したことになる。

スズキダイハツの燃費競争は、とどまることを知らない。次にダイハツがどのくらいの低燃費をたたき出すか注目して行きたい。
※は、画像の車


■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2013 Gasoline-powered car ranking

【PR】低燃費車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2013 Suzuki ALTO ECO

Related Gallery:Suzuki Alto (A-Star)

Related Gallery:Suzuki Wagon R (2013.7.16)

Related Gallery:Suzuki MR Wagon Wit

Related Gallery:Nissan Dayz and Mitsubishi eK Wagon

Related Gallery:Daihatsu Mira e:s

Related Gallery:Suzuki Hustler

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-07

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-08

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-09