マツダ、カスタマイズ・モデル5台を含む「東京オートサロン 2014」の出展概要を発表!
マツダは、2014年1月10日〜12日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン with NAPAC」に、「アテンザ」「アクセラ」「CX-5」のカスタマイズ・モデルを参考出品すると発表。また、2013年グランダム ROLEXシリーズでGXクラス優勝に輝いた「Mazda6(日本名:アテンザ)」のレースカーも展示する。

Related Gallery:Mazda Auto Salon 2014 Preview

今回のショーにおけるマツダのコンセプトは「KODO SPIRIT〜デザインが、走る歓びを、加速する〜」。「SKYACTIVテクノロジー」と「魂動デザイン」を採用した新世代モデル3車種をベースに、「マツダ デザインコンセプト」として「魂動デザインのスポーツイメージを際立たせ」たカスタマイズ車が勢揃いする。


まずはクリーン・ディーゼル「SKYACTIV-D」エンジンと6速マニュアル・トランスミッションを搭載するアテンザ「XD」の4ドア・セダンをベースにした「ATENZA SEDAN DESIGN CONCEPT 2014」。マツダデザイン部門が監修したオリジナル・エアロパーツやブレンボ製ブレーキ・キャリパー等を装備する「サーキット・トライアル仕様」だそうだ。とはいえガチガチのモータースポーツ仕様ではなく、インテリアには快適性も考慮したセミバケットシートを選び、アルカンターラなどのブラック素材で統一。アテンザ XDでサーキットを走るユーザーの要求に応えて「スペックアップと快適性を両立させた、大人のためのディーゼルスポーツセダン」だそうである。



「ATENZA WAGON DESIGN CONCEPT 2014」と名付けられたアテンザ ワゴンの方も同じくディーゼル+6速MTの「XD」に、マツダデザイン部門監修によるオリジナル・エアロパーツを装着し、標準アルミ・ホイールに切削加工を施して「品格とスポーティさを兼ね備えたスポーツワゴン」に仕立てたという。内装はインストゥルメントパネルからトランクボードにまでメタルの加飾が入れられ「上質なグランドツーリングイメージを高めた」そうだ。



一方、アクセラはこちらも1月発売予定の「SKYACTIV-D」エンジンと6速MTを搭載する5ドア・ハッチバック「アクセラ スポーツ」の「XD」グレードをベースに、サーキット・トライアル仕様」にカスタマイズした「AXELA SPORT MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」。車体にはブレンボ製ブレーキ・キャリパーに加え強化メンバーブレースを装着し、内装もフルバケットシートを装備するなど、同コンセプトのアクセラよりもこちらは少々ハード志向。エアロパーツは純正用品の「MAZDASPEED エクステリア」が選ばれている。



アクセラの4ドア・セダンをベースにした「AXELA SEDAN MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」の方は、ベーシックな1.5リッター・ガソリン「SKYACTIV-G 1.5」と6速MT「SKYACTIV-MT」を組み合わせたモデルに、純正用品のエアロパーツ「MAZDASPEED エクステリア」やラックススエード張りのシートを装備して、「1.5L+6MT」の持つ「使いきる楽しさを追求」したという。「日常の実用性を損なう事無く、休日はストリートでのスポーツ走行が楽しめるスポーツカスタマイズモデル」ということだが、なるほどクリーン・ディーゼルだけでなく、こういうクルマがあるのも"マツダならでは"と言えるだろう。



「SKYACTIV-D」エンジン+6速ATを搭載するCX-5のボディをマットブラックで塗装した「CX-5 MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」は、オーバーフェンダーやセンター出しデュアル・マフラーとリアアンダーパネル、ブレンボ製ブレーキ・キャリパー等を装備した「自由自在に街を駆け抜けるストリートスペシャル」だそうだ。



そしてもう1台、「デイトナ24時間レース」で有名なアメリカのスポーツカー・レース「グランダム」の最高峰カテゴリー「ロレックス・スポーツカー・シリーズ」に、2013年から新たに設けられた「GX」クラスで見事優勝した「Grand Am GX MAZDA6 SKYACTIV-D Racing」を特別展示。もちろん、シリーズを実際に戦ったレース用車両の実車だ。そのディーゼル・ターボ・エンジンの半数以上に及ぶパーツは、アテンザなどに搭載されている量産型「SKYACTIV-D」のものをそのまま使っているそうだ。

東京オートサロン 2013の時に比べると、アクセラが加わったこともあるためか、よりスポーツ・イメージに焦点を合わせた感のある今回の展示内容。各車エンジン等はノーマルのようだが、その分、オーナー(まだ納車を心待ちにしていらっしゃる方も多いはず)にとっては現実的とも言える。愛車をカスタマイズするときの参考になるだろう。

東京オートサロン with NAPACのマツダ・ブースに関する詳しい情報は、以下のリンクから公式サイトの専用ページをご覧いただきたい。

【MAZDA】東京オートサロン2014

2013年の様子はこちら
【東京オートサロン2013】マツダから「アテンザ」と「CX-5」のカスタムカーを一挙ご紹介!

By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Mazda Auto Salon 2014 Preview

【PR】アクセラの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Mazda Club Sport 6

Related Gallery:Mazda Club Sport 3

Related Gallery:Mazda Vector 3

Related Gallery:Mazda Ceramic 6

Related Gallery:Mazda Atenza: Tokyo Auto Salon 2013

Related Gallery:Mazda CX-5: Tokyo Auto Salon 2013

Related Gallery:Mazda Tokyo Motor Show 2013

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-07

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-08

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-09