2014年4月1日から、自動車購入時の消費税が5%から8%へUPすることが決定しており、3月には駆け込み需要が見込まれている。ただし、もうすでに3月分までの生産数を超える受注となってしまった人気車種も出てきているので、その状況の一部をお知らせしよう。

Related Gallery:2013 New Model


マツダは、11月21日に発売した新型「アクセラ」の累計受注台数が12月19日時点で、月間販売計画3000台の5カ月分を超える約16000台に達したと発表した。

12月20日時点での注文時の工場出荷目処については、ガソリンエンジン車とディーゼルエンジン車が2014年3月下旬以降と消費税UP前、ぎりぎりとなっている。仕様やオプションによっては、これからの注文では消費税UP後となってしまう可能性が高い。

しかし、ハイブリッド車が同1月下旬以降を予定しているとのことで、まだあきらめるのは早い。


ホンダの人気モデル「フィット」は、ハイブリッドモデルについて12月16日の時点で今年度内の納車が出来ないと発表している。月産2万台を上回るフル生産をしているが、それでもそれを上回る受注があるとのことだ。

ガソリン車についてはまだ、納期の件が発表されていないが、ディーラーレベルでは、仕様によって既に年度内納車が難しいとの話も出てきているとのことだ。


トヨタの高級SUV「ハリアー」は12月2日から発売されたが、12月11日現在でガソリン車約12000台、ハイブリッド車約8000台の受注となっており、すでに月間目標台数2500台の約8倍の受注状況となっている。

店頭での発表会は12月21~23日までとなっており、またハイブリッド車は1月15日の発売となっているため、さらに受注台数は増えることが予想される。

12月23日時点の東京のディーラーでの情報では、ハイブリッドはゴールデンウイークぐらい、ガソリン車でも3月末ぐらいの納期とのことだ。

来年早々、「ノア」や「ヴォクシー」も発売されるが、おそらくあっという間に年度内分は完売してしまうことが想定される。速報では既に予約の段階で年度内納入分は終了との話も出ているので、このあたりの車を狙う場合は、じっくり増税分も含んだ値引き交渉をするのがよいと思われる。

増税前に、新車を購入しようと思っている読者は、まずは年内に年度内納入が可能な状況かという納期情報をチェックして欲しい。

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2013 New Model

【PR】消費税分の値引き交渉を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Honda Fit With Mugen Parts Photos

Related Gallery:Honda Fit

Related Gallery:2014 Honda Fit/Jazz Leaked Images Photos

Related Gallery:Next-Gen Toyota Harrier/Lexus RX Photos

Related Gallery:Mazda Axela 20S Touring L Package: Motor Sport Japan Festival 2013

Related Gallery:Mazda Axela

Related Gallery:CEATEC JAPAN 2013 Mazda axela 2013


■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-16

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-14

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-15