世界で大人気のレーシングゲーム『ニード・フォー・スピード』。今回は、2014年に全米で劇場公開を控えているその映画版の迫力あるスタントシーンのメイキング映像が届いたのでご紹介しよう。

この映画のスタントを手掛けたのはランス・ギルバート。祖父のミッキー・ギルバートはあの往年の一大スペクタクル映画『ベン・ハー』(1959年公開)のスタントを務めたという、親子三代続く筋金入りのスタントマンだ。ランスは、今回のスリリングなカーチェイスを構想する際に、ベン・ハーの有名な2輪馬車によるレースシーンを参考にしたという。

ご紹介する映像は、潤滑油メーカーのロイヤル・パープル社が制作するネット配信動画のシリーズの一つ、『Outperformer』の最新作として公開されたもの。カーチェイスの末、世界最高峰のスーパーカー、ケーニグセグが宙に舞い、爆発炎上するシーンは圧巻だ。実はこのシーン、当初監督はCGで処理する予定だったが、ランスの直談判により実車で撮影が行われたという。

それでは、臨場感あふれるビデオをチェックしてみよう。ちなみに爆発したケーニグセグはレプリカなのでご安心あれ。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:Team Need for Speed Time Attack Scion

【PR】ニードフォースピードの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!
Related Gallery:Need for Speed Shelby GT500 Photos

Related Gallery:Koenigsegg Agera R Photos

Related Gallery:Koenigsegg Agera R BLT Photos

Related Gallery:Need for Speed SHIFT

Related Gallery:New Colors: Bugatti Veyron Fbg par Hermes Photos

Related Gallery:Lamborghini Veneno Photos

Related Gallery:2014 Chevrolet Corvette Grand Sport: Spy Shots Photos

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-44

Related Gallery:Tokyo autosalon 2013 girls 09 05