Related Gallery:Fullsize car made from Lego brick Photos

レゴで出来た実物大のクルマはこれまでもお目にかかることがあったが、今回はなんと、実際に人を乗せて走行が可能な実物大のレゴカーをご紹介しよう。

このクルマはオーストラリア人実業家のスティーブ・サマルティーノ氏とルーマニア人の青年、ラウル・ワイダ氏が立ち上げたプロジェクト『Super Awesome Micro Project』によって製作された一台。レゴで作られた実物大の車というだけでなく、人間が乗った状態でも自力で動くというから驚きだ。

現在はオーストラリアのメルボルンにあるというこのレゴカーは、およそ50万個のレゴを使用し、元々ルーマニアで組み立てられたという。2つのタンクに蓄えられた圧縮空気で動く、合計256本のピストンを持つ4基のエンジンによって走行し、最高速度は制作者によれば20mph(約32km/h)だそうだ。

イエローとブラックのホットロッド風な外観に関しては意見が分かれるかもしれないが、やはりその出来には感心する。また、プロジェクトを実行した2人と、クラウド・ファンディングを募るスティーブのツイートを読んでプロジェクトに出資した40人の支援者を褒め称えたい。

それでは早速、レゴで作ったクルマを高解像度ギャラリーとビデオでご覧頂きたい。




By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:Fullsize car made from Lego brick Photos

【PR】レゴでできた車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!
Related Gallery:Lego Land Rover Defender 110 Photos

Related Gallery:Caterham Seven built of Lego parts Photos

Related Gallery:Lego Ford Explorer Photos

Related Gallery:Lego Lamborghini Countach

Related Gallery:Ferrari Lego full-size F1 car Photos

Related Gallery:Schnuerer 5th Annual Toys for Tots drive German Mercedes-Benz bmw

Related Gallery:Tokyomotorshow2013 goods

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-44

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 02