Related Gallery:1994 Lamborghini Sogna by Art & Tech Photos

80年代、ランボルギーニカウンタック」には少年の誰もが憧れた。そんな1人でもあった山﨑亮志氏が、幼少からの夢をかなえカウンタックを進化させたのが1991年に発表された「ランボルギーニ・ソーニァ」だ。その世界に1台しか存在しないソーニァが売りに出されているというのでお伝えしよう。

1991年のジュネーブモーターショーでお披露目された「ソーニァ」は、カウンタックのボディを造り替えた限定生産モデルとして販売することが計画されていた。しかし、幸か不幸か当時の価格で160万ドル(2億1500万円)だったこのコーチビルドのスーパーカーが市販化されることはなかった。その後、1994年のエッセンモーターショーに、唯一の実走可能なモデル(写真上)が登場。そのワンオフモデルがラグジュアリーなライフスタイルを演出する「James Edition」から238万ユーロ(約3億4000万円)で売りに出ているという。

独特のスタイリングと渋いグリーンをまとった異色の存在「ソーニァ」は、450馬力を発揮する5.2リッターV12エンジンを含めカウンタックのフルパワートレインを搭載し、最高速度は186mph(300km/h)を標榜する。

今回はソーニァの試験走行の様子を収めた動画をご用意したので、James Edition、Enmannでのギャラリーとともにお楽しみいただきたい。

※ ビデオの説明文等では「ランボルギーニ・ソニア」という表記も見られるが、山﨑亮志氏のアート・アンド・テック社では、今後「ソーニァ」という表記で統一することに決定したとのこと。







By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:1994 Lamborghini Sogna by Art & Tech Photos

【PR】ランボルギーニ ソーニァの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Lamborghini Veneno Photos

Related Gallery:Lamborghini Veneno Roadster

Related Gallery:Lamborghini Museum on Google Street View Photos

Related Gallery:Lamborghini Cabrera Spy Shots Phots

Related Gallery:1971 Lamborghini Miura P400SV

Related Gallery:Nissan BladeGlider: Tokyo Motor Show 2013

Related Gallery:Jaguar F Type: Tokyo Motor Show 2013

Related Gallery:Mazda Tokyo Motor Show 2013

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-45

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-41