「プント」の生産中止、アルファに高級モデルを追加など フィアットの新戦略とは?
自動車ニュースサイト『Automotive News』が伝えたフィアットの記事がメディアの間で話題となっている。この記事は、不調の続くフィアットの今後の戦略を事情に詳しい関係者2人が匿名で明かしたもので、我々Autoblogもビックリした内容が含まれている。

まず一番の驚きは、フォルクスワーゲン「ポロ」の対抗馬として生み出された小型ハッチバック「プント」の生産中止の話だ。ちなみに同車の後継となるのは、ポーランド工場で生産される5ドア型のフィアット「500」になるそうだ。より低価格の「パンダ」にも様々なバリエーションがあるので、プントの穴埋めは可能だという。

また、フィアットはBMWダイムラーフォルクスワーゲンなどドイツメーカーのビジネスモデルにならい、国内工場に新しい設備を導入し、フィアット傘下にあるマセラティアルファロメオのハイエンドモデルの生産を再開するという。これらは、イタリアの熟練工たち(ポーランド工場より75パーセント高い賃金で働いている)の手によって生産された高級車として、全世界で販売される予定とのこと。

さらにフィアットは、3年間で123億ドル(約1兆2646億円)を欧州市場での事業立て直しにつぎ込む計画があるという。イタリア国内の雇用も増えるこの投資がうまくいけば、フィアットにとってだけでなく欧州経済全体にとっても好影響となるだろう。

By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Fiat 500 TwinAir

【PR】フィアットの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2014 Fiat 500C GQ Edition Photos

Related Gallery:2013 Fiat 500e First Drive Photos

Related Gallery:SMEG500:Fiat 500 refrigerator

Related Gallery:Fiat 500 Magneti Marelli: SEMA 2012 Photos

Related Gallery:Suzuki Hustler : Tokyo Motor Show 2013

Related Gallery:Toyota Premi Aqua Concept: Tokyo 2013 Photos

Related Gallery:Daihatsu FC Deco Deck Concept Tokyo 2013

Related Gallery:honda-tokyomotorshow2013-2-rin

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-18

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-20