マツダ、「ロードスター」を一部商品改良
マツダは6日、オープン・スポーツカー「マツダ ロードスター」に一部改良を行ったと発表。これまでアルミホイールとセットオプションだったレカロ製バケットシートが単独オプションとして選べるようになったほか、一部グレードの装備が充実している。

Related Gallery:Mazda Roadster 2013.12

ソフトトップ仕様の上級グレード「RS」とその電動開閉式ハードトップ装備モデル「RS RHT」にオプションとして用意されている、ドイツ・レカロ社と共同開発したアルカンターラ/本革表皮のバケット・シートは、これまでアルミ・ホイールとセットでなければ装着できなかったが、今回の変更により16万8,000円(両席・税込)という価格の単独オプションとして選択することが可能になった。これを選ぶと温度5段階調整機能付きシート・ヒーターも装備される。

そしてソフトトップ仕様車のルーフ生地は、従来の標準だったビニール製から全車ブラックのクロス素材に統一。タンカラーのソフトトップはオプションでも選べなくなった。さらに「S」と「NR-A」を除く全モデルでフォグランプが標準装備となっている。



「S」「NR-A」の価格はソフトトップ素材のグレードアップにも関わらず、ほとんど据え置き(実際には1,000~1,750円増)。「RS」「RS RHT」「VS RHT」はフォグランプが標準装備された分、2万円前後の値上がりとなった。それでもショップオプションで付ける(4万3,000円)よりだいぶ安い。

パワー・リトラクタブル・ハードトップを備えるエントリー・グレードの「S RHT」には、クルマの横滑りを抑制するDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム)とTCS(トラクション・コントロール・システム)を新たに標準装備。ステアリング・ホイールを握ったままで6速AT「アクティブマチック」をマニュアル・シフトできる「ステアリング・シフトスイッチ」も上級グレードと同じように搭載された。ただしこのモデルは5万円ほど価格がアップされている。



今回の変更では多くのグレードで装備の充実が図られている。それに伴う値上げもリーズナブルなので、これから購入する人にとっては嬉しいニュースだろう。だが、これは2014年内に予定されているといわれるモデルチェンジに備えて、仕様を整理(そしてレカロ・シートの在庫整理)という見方も出来るかも...!?

発売は本日12月6日から。詳しい情報・仕様については、以下のリンクから公式サイトをどうぞ。

「マツダ ロードスター」
http://www.roadster.mazda.co.jp/


By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Mazda Roadster 2013.12

【PR】ロードスターの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Mazda MX-5 Mule Spy Shots Photos

Related Gallery:Mazda Roadster MZ Racing 2013

Related Gallery:Mazda Roadster

Related Gallery:2013 Mazda MX-5 Miata Club: First Spin Photos

Related Gallery:Mazda MX-5 Super 25

Related Gallery:Mazda MX-5 Yusho

Related Gallery:Mazda MX-5s: MAX-5 2013

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-16

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-17

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-18