米での自動車部品の価格カルテルに関与したとして、タイヤメーカー大手の東洋ゴム工業が罪状を認め、1億2000万ドル(約123億円)の罰金を支払う司法取引に合意したと米司法省が発表した。

東洋ゴム工業は、1996年から2012年にかけて米国でトヨタ日産の他、スバルの富士重工業などに供給した防振ゴム部品と、2006年から2010年にかけて自動車・航空機部品などを製造する英のGKN plc.に供給した等速ジョイントブーツの価格を操作したという。同社は司法省の調査に協力する方針を示しており、役員報酬の一部返上も発表している。

これで、一連の米カルテル事件で関与を認めたのは、日本企業20社を含む22社、幹部26名となり、うち20名は刑務所に収監されるか、罰金を支払うといった司法取引に応じているという。カルテルに関与した企業の罰金総額は18億ドル(約1800億円)を超えることになるが、これで終息するのかどうか今後の動きを見守りたい。

詳しくは、プレスリリース(pdf)をどうぞ。

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】東洋タイヤの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:2014 Nissan Juke Nismo RS LA 2013 Photos

Related Gallery:Nissan GT-R NISMO Official Photos

Related Gallery:TokyoMotorShow2013 Subaru

Related Gallery:Subaru Tokyo Motor Show 2013

Related Gallery:Toyota Aqua Air Concept: Tokyo 2013 Photos

Related Gallery:Toyota FCV Concept Tokyo 2103 Photos

Related Gallery:NEW TOYOTA MEGA WEB 2013 No.2

Related Gallery:YOKOHAMA TIRE HER-02

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-41

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-34