NTTドコモは"東京オートサロン2013 with NAPAC"、"CEATCJAPAN2013"に引き続き、東京モータショー2013にも出展し、"ドコモ ドライブネットインフォ"等のカーライフ支援サービスの提案を行った。

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-docomo


スマートフォンホルダ01は、パイオニアが"カロッツエリア"ブランドで提供するアンドロイド端末用の新型スマートフォンホルダだ。

自動車内で"ドコモ ドライブネットナビ"および"ドコモ ドライブネットインフォ"を快適に利用できることを想定し開発した車載ホルダになっている。


付属するハンドル取付リモコンで、簡単に対応アプリの音声操作が可能となる。ナビを見やすい位置に装着すると操作するには遠い場合等もこのリモコンさえあれば遠隔操作可能だ。


また、"ドコモ ドライブネットインフォ"をNFC搭載端末で利用した場合、スマートフォンを設置するだけでアプリケーションの自動起動機能が利用できるのだ。NFCは、おサイフ携帯対応モデルの多くのモデルで搭載されている。

以前ご紹介したスマートクレードルはタテ向きに固定だったが、今回のモデルはヨコ向き固定で使用するタイプになっている。価格は4830円(税込)で12月中旬から発売する予定とのことだ。


さらにナビの精度を高めて使用したいユーザー用に"カーナビ用センサーユニット01"が別売で用意されている。このユニットには、GPSレシーバー、ジャイロセンサー、加速度センサーが搭載されており、トンネルや高層ビルの谷間などでもより正確な位置をナビに表示することができる。


ドコモがiPhoneの取扱いを開始したこともあり、"ドコモ ドライブネットナビ for iPhone"を12月1日から開始した。


このサービスは、以前から同社が展開していたアンドロイド端末向けの"ドコモドライブネット"を"ドコモ ドライブネットナビ"に改称して開始されたサービスのiPhone版となる。

カーナビ大手のパイオニアが手がけるアプリだけにその信頼性は高い。iPhoneユーザー待望のアプリだろう。

また、参考出品として、ミラー型テレマティクス端末が展示された。この端末は"ドコモ ドライブネットナビ"や"ドコモ ドライブネットインフォ"などがこの端末から利用できることを想定しているという。

ミラーの裏側には、カメラが搭載されており、将来的にはドライブレコーダー等の機能が合わせて使えるようになるだろう。

モーターショーでも車載器側で通信機能を持っていることを想定している展示が多く見られ、車両自身がネット端末と一体化することが一般化していくと思われる。

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-docomo


【PR】東京モーターショーを振り返る前に!!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:CEATEC JAPAN 2013 Ntt Docomo

Related Gallery:2013tokyo auto salon nttdocomo

Related Gallery:CEATEC JAPAN 2013 Pioneer EV Chager

Related Gallery:Toyota FCV Concept Tokyo 2103 Photos

Related Gallery:Daihatsu FC Deco Deck Concept Tokyo 2013

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-25

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-vw


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-11

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-02

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-22