AOL
Related Gallery:13TMS_Hon_Ab_Ima_3_01


さて、ホンダブースでの多くのモデル達から独断と偏見、なにより乗ってみたさを優先して紹介してきた。このスポーツ性の高いモデル達でそろそろ終了である。

この他にもマイナーチェンジされた400ccのベストセラーシリーズ、CB400 SUPER FOUR、CB400 SUPER BOL D'OR、 高校生男子、若者向けの新型50ccスクーターDunk、不滅のミニレジャーモデルMonkey Limitedと言ったモデルも展示されていた。

今回のホンダブースを見て、重ねて感じるのは史上初の18機種もの市販予定車を出展して来シーズンの国内市場への積極性を示したホンダの熱意。原二への取り込み方をしっかりとアピールしたことも含めて、先頃経産省 から発信された2020年国内二輪100万 台市場計画への積極的な姿勢の表れとも感じられる。

ともあれ、思い切り緊張感を持って乗らなければならないよう なCBR1000RR SP、日本のワインディングロードには最適そうなCBR650FとCB650F、誰でも楽しく走れるCBR250Rを紹介する。

CBR1000RR SP
AOL
走りのポテンシャルをさらに追求したスペシャルバージョン。 ベースモデルのCBR1000RRより一層スポーティーな走りを体現するため、前後にオーリンズ製サスペンションを採用し、フロントにはブレンボのモノブロック4ピストンキャリパーを装備する。また、専用の軽量化シー トレールを採用し、ピリオンステップは廃止されている。6速ミッションはヨーロッパ仕様と同様のレシオとされ、タイヤもピレリ・ディアブロ・スーパーコルサを奢られている。水冷4ス トロークDHOC16バルブ直列4気 筒エンジンは、76×55.1mmの ボア×ストロークの999.8cc。ヨーロッパ仕様では133kw/12,25rpm、114Nm/7,000rpmを発生する。



CBR650F
AOL
こちらもジャパンプレミアムの1台。先頃のミラノで発表されたが国内に登場すれば新たな人気を集めそうな存在である。 ツーリングからスポーツ走行まで幅広い走りのシーンで楽しめそうなフルカウルミドルスポーツモデル。水冷4ストローク16バルブDOHC4気筒エンジンは、67×46mmのボア×ストロークの649cc。 低回転から高回転域まで扱い安くスムーズな特性を与えられていると言われ、ヨーロッパ仕様では64kw/11,000rpm、63Nm/8,000rpmを発生。車体重量は211kg。 立体的デザインながらコンパクトなボディはいかにも乗りやすそうな仕上がりを感じさせる。フレームは楕円断面ツインチューブで、左右非対 称の異形アルミ鋳造スイングアームを採用するなどの特長をもつ。軽快感を安定性を高次元でバランスさせたハンドリングで、スーパースポー ツフィーリングと快適性を両立したライディングポジションと相まって幅広いユーザーに向けたモデルとされている。


CB650F
AOL
ブランニューのミドルクラスネイキッド。グラマラスかつコン パクトな車体はCBR650Fを同様のエンジンを採用しインライン4ならではの美しいエキゾーストパイプとアンダーボディーマフラーの造形により、ネイキッ ドモデルだけがもつスタイリング表現が特長。エンジンは低中速でレスポンスを重視しながら高回転域の伸びもある特性とされている。軽快感 と安定性を高次元でバランスさせたハンドリング、より高い目線から得られる多くの情報で様々な状況に対応しやすい独自のライディングポジ ションが特長で、街乗りからワインディングロードまで走りのシーンを選ばないモデルと言うそうだ。


CBR250R
AOL
街乗りから郊外へのツーリングと幅広い用途で扱い安いロード スポーツモデル。ビギナーからベテランまで気軽に乗れる一台として人気のモデルが、外観を一新された。スーパースポーツモデルの頂点に位 置するCBR1000RRの外観を投影した、フロント、ミドル、リアカウルを採 用。ヘッドライトも2灯化され、スポーティーでアグレッシブなスタイリングとなっている。また、水冷4ストロークDOHC4バルブ249ccのエンジンも、低中速でのトルクをキープしたまた高回転域の伸びを高めた特性と され、同時に燃費性能の向上も図られている。さらに、シート形状とサイトカバーの見直しによって足つき性を改善し、より多くのライダーに 乗りやすい一台とされている。画像はレプソルカラーのショーモデル。この他にトリコロールからの車体も展示されていた。

【PR】ホンダのバイク購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Honda N-WGN

Related Gallery:EICMA2013 Honda

Related Gallery:Honda N Box + Photos

Related Gallery:2014 Honda Civic Tourer Frankfurt 2013

Related Gallery:McLaren Honda: Honda Collection Hall

Related Gallery:Honda Fit With Mugen Parts Photos

Related Gallery:TokyoMotorShow2013 Honda 04