米自動車雑誌『カー・アンド・ドライバー』が、毎年恒例の「2014年の車ベスト10」を発表した。2012年版とは1モデルしか変わっていなかった2013年版から一転、今回はリストの常連だったマツダ「MX-5ミアータ」(日本名:「ロードスター」)を含む半数が入れ替わる結果となった。

まずは、昨年に引き続き選ばれた5車種をご紹介しよう。
アウディ「A6」S6」「A7
BMW「3シリーズ」
ホンダ「アコード」
ポルシェ「ボクスター」「ケイマン
フォルクスワーゲン「ゴルフ」「ゴルフGTI

2013年版との大きな違いは、MX-5ミアータがリストからはずれたことだ。ミアータは1989年の米での販売開始以来、いままで計14回名を連ね、2006年からは8年連続でランクインしていた。また、昨年キャデラック「CTS-V」を押しのけベスト10入りしたサイオン「FR-S」(日本名:トヨタ「86」)とスバル「BRZ」もランクインを逃している。

そして、新たに加わった5車種がこちら。
キャデラック「CTS」
シボレー「コルベット・スティングレイ」
フォード「フィエスタST」
マツダ「マツダ3」(日本名:「アクセラ」)
マツダ「マツダ6」(日本名:「アテンザ」)

選ばれた理由が気になった方は、同誌がリリースしたビデオや、総まとめ欄(英語)もご覧いただきたい。



By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】今年のベストカーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>

Related Gallery:2013 Scion FR-S Second Drive Photos

Related Gallery:2014 Porsche Cayman LA 2012 Photos

Related Gallery:2014 Chevy C7 Corvette Stingray First Drive Photos

Related Gallery:2014 Ford Fiesta ST: First Drive Photos

Related Gallery:Youabian Puma LA 2013 Photos

Related Gallery:Tokyomotorshow2013 KEN OKUYAMA

Related Gallery:Toyota FCV Concept Tokyo 2103 Photos

Related Gallery:2015 Lexus RC Coupe

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-31

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-24