2015年からパワーユニット・サプライヤーとして、マクラーレンにエンジンを提供し、F1に復帰するホンダ。今回は、東京モーターショーの取材で日本を訪れた米Autoblogの記者がホンダの伊東孝紳社長(写真はマクラーレングループCEO、マーティン・ウィットマーシュ氏と撮影したもの)にF1参戦を決めた理由について直接取材をしたのでお伝えしよう。

伊東社長は自社の新しいターボ付きV6エンジンを、マクラーレン以外のチームにいつ頃供給するかなどの詳細は明らかにしなかったものの、F1復帰がどのように会社や製品に影響を与えるのか語ってくれた。

伊東社長は、まずF1復帰の理由の1つに社員のモチベーションアップを挙げ、「モータースポーツの最高峰であるF1で、他の自動車メーカーと競い合うことは社員の誇りとなり、会社全体をより高みへと連れていってくれる」と述べた。また、同氏はFIA会長のジャン・トッド氏のもと、市販車の環境技術に活かせるような新しいレギュレーションが生まれたことも、理由の1つだと述べた。確かに実用車向けではないV12、V10、V8といったパワフルなエンジンよりも、来シーズンから導入される6気筒エンジンのほうがホンダ車に反映しやすいだろう。

さらに伊東氏は、現在のF1マシンに使用されている電気モーターの開発技術が進めば、将来的にその技術を市販車にフィードバックできると語り、モーターを利用することでターボエンジンのターボラグを無くせる可能があると語った。これは減速時に電気モーターでコンプレッサーを作動させ、いつでも期待したパワーを得られるシステムのことのようだ。

世界最高峰のモータースポーツに参戦すること自体に意義があるが、F1の参戦はホンダの新たな技術開発にも貢献するに違いない。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】マクラーレン・ホンダの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:McLaren Honda: Honda Collection Hall

Related Gallery:1988 McLaren-Honda MP4-4: Frankfurt 2013 Photos

Related Gallery:Honda FCEV Concept LA 2013 Photos

Related Gallery:4 Honda NSX Concept-GT Photos

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-honda-1120

Related Gallery:Honda FCEV Concept LA 2013 Photos

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-Toyota




<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-31

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-30