2輪を主力とするヤマハは、東京モーターショー2013で4輪車を出展した。写真の「VIKING EPS」に加えて、ワールドプレミアモデルとして公道を走ることができるコンセプトカーの「MOTIV」を発表し、4輪事業拡大への方向性を示唆した。

Related Gallery:Tokyomotorshow2013 YAMAHA 4wheel


まず、コンセプトカーの「MOTIV」を紹介する前に、既に北米で市販されている「VIKING」からご紹介しよう。日本ではあまり知られていないが、この「VIKING」は8月から北米で約110万円~の価格帯で発売されている。


このモデルはマルチパーパスオフロードビークルというコンセプトの元、ヤマハ初の3人乗りROV(Recreational Off highway Vehicle)として投入された。エンジンは686ccの水冷4気筒エンジンを搭載している。

ROVと言うことなので、公道の走行は出来ないが、農場での移動、運搬作業、ハンティングのお供にという使い方が出来るモデルである。

ヤマハは2輪というイメージが強いが、トラクター等での4輪車での実績やレース活動、トヨタへのエンジン供給など技術力としてのスペックは以前から持っているのだ。


ドアもなければフロントガラスもない。まさにバイクが4輪になったタフさを持っている。会場で流されていたプロモーションビデオでは、ヘルメットを装着して走行している場面が放映されていた。

雨が降ったらずぶぬれになってしまうし、虫が飛んできたら顔面にダイレクトに衝突してしまうことを考えると、このクルマでの遠出にはヘルメットが欠かせないだろう。

公道が走れないモデルなので日本で走行できる場所は限られると思われるが、広大な土地で暮らす北米のライフスタイルにはピッタリな一台だろう。


そして、本題の「MOTIV」をご紹介しよう。「VIKING」がオフロードというイメージであればこちらは都会的なイメージに仕上げられている。2人乗りのコンパクトなボディは狭い都会の路地でもらくらく走行できるサイズだ。


説明員によると、「MOTIV」は、コンセプトカーであるが、ナンバーを取得するために変更しなければならない部分以外は、ほぼこのままの姿で2020年までに発売する予定のモデルという。

ヤマハは、2輪で多くのファンを獲得しているが、2輪ではファンの期待に応えきれない部分をこの「MOTIV」で補って新たな顧客を獲得したいというのが開発の狙いだそうだ。


コンパクトなモビリティとしては各社色々なアプローチがあるが、「MOTIV」は、2輪同様走りを楽しめるモデルとして開発されている。具体的に男性、女性、若者等の設定はなく、広く共感してもらえるユーザーを取り込みたいとのこと。


インテリアは、赤のポイントカラーを使いながらスポーティーに仕上げれている。操作ダイヤル類はヤマハの音響機器を想わせるような質感の高いデザインが採用されヤマハらしさが感じられる。



2人が移動するのには充分な広さが確保されたインテリアには革製と思われるバケットシートが並列して装着されている。当たり前ではあるが2輪ではできない会話をしながら横に並ぶことができる。


パワートレインは、1000cc3気筒のガソリンエンジンと25kWのEVユニットの2種類が開発されているが、その他にもハイブリッドやレンジエクステンダーEVなど一つの車体で様々な動力源に対応できるようなパッケージングになっている。


少し意地悪な質問として、「スマート」や「iQ」といった車両が既にあり、日本ではそのセールスが決して好調という状況ではないなか、似たようなモデルを投入するよりは、オープンのロードスターのようなモデルやオフロードをイメージした「VIKING」のようなホビー感覚があるモビリティが好まれるのでは?と説明員に伺ったところ、あくまで、2輪では不充分でヤマハを買うことができない人に対して提案するモデルなので、オーソドックスで老若男女に受け入れられる形が必要であるいうことであった。

また、日本だけではなくタウンコミューターが数多く走行している欧州等への導入も計画されており、このクルマが活躍する場面は広くあるのだという点はうなずける。

コンペティターに対しての大きな差別化ポイントは何かと尋ねたところ、F1の思想が反映されたi-Streamコンセプトによる軽量・高剛性・高強度なスケルトンフレームを採用しているとのことであった。

i-Streamとは、ゴードン・マーレー・デザイン社が提唱するF1に源流を持つ最適設計&安全設計の技術であり、鋼管パイプと複合材料の組み合わせによる基本骨格の考え方だ。i-Streamを採用したことで、高い安全性とスポーティな走行性を実現している。

販売に関しては、バイクショップで売るのか、それとも自動車ディーラー等で売るのか等の検討もこれからと言うことなので、今後の動向に注目して行きたい。

Related Gallery:Tokyomotorshow2013 YAMAHA 4wheel




【PR】東京モーターショーの見学を考える前に!!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-yamaha

Related Gallery:Tokyo Motor Show 2013 etc

Related Gallery:Tokyomotorshow2013 goods

Related Gallery:Toyota FCV Concept Tokyo 2103 Photos

Related Gallery:Daihatsu FC Deco Deck Concept Tokyo 2013

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-25

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-vw


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-11

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-02

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-22