納車ギリギリまで手は抜かない! ポルシェが「918スパイダー」の性能をさらにアップ
Related Gallery:

ポルシェは納車開始を間近に控えたハイブリッドスーパーカー「918スパイダー」に最終的なチューニングを施し、パフォーマンスをさらに向上させたと発表した。

同社のプレスリリースによれば、オプションのヴァイザッハパッケージ(内装の一部を取り払い、カーボンファイバーの多用やマグネシウムホイールを用いることで車両を軽量化)を装着した918スパイダーの場合、0-100km/hはプロトタイプよりも0.2秒短縮し、わずか2.6秒となり、0 -200km/hは0.5秒短縮の7.2秒をマークしたという。さらに、300km/hは2.1秒短縮し、19.9秒となっている。

また、ヴァイザッハパッケージ非装着車の電気モーターのみでの0-100km/hは、6.2秒(これまでの公式タイムは6.9秒)となり、同パッケージ装着車は、6.1秒だという。

今回のチューニングによって燃費も向上した。例えば、ヴァイザッハパッケージ装着車の燃費は、3リッター/100 km(約40km/リッター)と、最高出力887hpというレーシングカー並みのパワーを持つクルマとしては、かなり優秀といえるだろう。

最終チューニングを施した918スパイダーの詳細なスペックを、プレスリリース(英語)でチェックしてみよう。

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】918スパイダーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:La silla iChair de NorSap

Related Gallery:

Related Gallery:Aliens Blu-ray Screen Shot Leaks

Related Gallery:SEMA Preview: Ford Fiestas

Related Gallery:Aplicación Logitech Harmony para Android (fotos en vivo)

Related Gallery:Motorola MB511

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 09 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 03