【レポート】奥山清行が手掛けたスポーツカーが東京モーターショーでお披露目
Related Gallery:


ピニンファリーナ社の元デザインディレクターで、フェラーリ「エンツォ」や「599」などのデザインを手掛けたケン・オクヤマこと奥山清行氏が、11月22日に開幕(メディア向けは20日から)する第43回東京モーターショーでワールドプレミアする新型クーペ「Kode9(コードナイン)」のデザイン画を公開した。
Kode9は、レースカーとスポーツカーの中間に位置するライトウェイトスポーツカー。最新の素材テクノロジーや空力トレンドを取り入れつつ、シンプルなデザインに仕上げているという。

また奥山氏は同車とともに、2008年のジュネーブ・モーターショーで発表した2シーターオープンタイプスポーツカー「k.o 7(ケーオーセブン)」をサーキット走行用に進化させたライトウェイトカー「Kode7 Clubman(コードセブン クラブマン)」(右上の挿入写真)も出展する。

モーターショーのブースでは他にも、カロッツェリアとして関わったヤンマーのコンセプトトラクター、"おとなのクルマ生活"をテーマに奥山氏が企画製作した様々な家具や雑貨なども出展する予定で、奥山氏の幅広いデザインの世界を垣間見ることができる。詳しくはプレスリリース(英語)をどうぞ。

By Chris Paukert
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】東京モーターショーへ行く前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:HTC 7 Mozart sample still shots

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Michael Jackson: The Experience (10/29/10)

Related Gallery:Nuevas fotos del PlayStation Phone

Related Gallery:Lexus' SEMA 2010 debuts

Related Gallery:Nissan Juke con accesorios Cobra

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 03