【ビデオ】クビサ、初参戦となるWRCでクラッシュアウト!
これまでの功績よりも、2011年に起こした大事故でメディアの注目を浴びた元F1ロバート・クビサ選手。先月Autoblogでは、クビサがWRC(世界ラリー選手権)のWRC2クラスで優勝に手の届く距離にいるとお伝えしたが、その後、彼は見事チャンピオンに輝いていた。しかしその一方で悪い知らせも届いた。ESPN F1によれば、クビサは先週金曜日、初めて挑んだWRCクラスのレースでクラッシュアウトしてしまったのだ。

アブダビ・シトロエン・トタル・チームからWRCに挑むこととなったクビサは、先週末のウェールズ・ラリーGBに参戦。初日の木曜日は7番手につき、その夜マシンから降りる際に「僕には学ぶことが多い」とこぼしていたと報じられている。そして翌日の金曜、4つ目のスペシャルステージで彼が運転するシトロエン「DS3」が横転し、林へと突っ込んでしまった。

クビサは、2011年2月のラリー参戦中に大事故に遭い、特に右手は切断が必要と言われるほどの重傷を負った。その事故の後遺症で、腕の動きが制限されているため、F1復帰を断念。しかし、WRC2でそのパフォーマンスで証明したように、クビサのラリーでの活躍は期待できそうだ。今回はクラッシュアウトしてしまったが、今後のWRCでの活躍を願おう。

それでは、WRC初参戦で惜しくもクラッシュしてしまった様子をビデオでご覧頂きたい。




By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】シトロエンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Samsung Display Strategy 2011

Related Gallery:Hitachi-LG presenta el HyBryd Drive HLDS de segunda generación

Related Gallery:Rally Legend Erik "Mr. Saab" Carlsson

Related Gallery:

Related Gallery:Iris Online Screenshots

Related Gallery:Mazda at SEMA 2010

Related Gallery:PS3 Bluetooth Headset (2010)


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-01

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-02

Related Gallery:Caterpillar-infested Honda Civic