Related Gallery:Honda UNI CUB beta Photos


ホンダは、昨年発表したパーソナルモビリティー「UNI-CUB」の新型となる「UNI-CUB β (ユニカブ ベータ)」を発表した。11月22日から開催の東京モーターショーに出展する予定だという。

UNI-CUBは、全方向に移動が可能な車輪システム(「ASIMO」の開発に代表されるロボット研究から生まれた技術)を搭載し、ユーザーの体重移動で進行方向や速度を調整できる電動のパーソナルモビリティー。リチウムイオンバッテリーを動力としており、最高速は6km/h、航続距離は6km。

今回発表された新型のUNI-CUB βは、先代モデルよりも小型、軽量化され、安全性や使い心地が改良された。シートの位置も低くなり、幅広いユーザー層の使用を見込んでいる。また、新たにスタンド機能(駆動システムを無効にする機能)を追加し、ユーザーの乗り降りを簡単にするとともに、スツールとしての利用も可能とした。他にも、人や物に当たった時の衝撃を和らげるため、軟らかい素材を採用しているという。

UNI-CUB βの詳細は、プレスリリース(英語)をどうぞ。

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Honda UNI CUB beta Photos


【PR】パーソナルモビリティの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Honda ASIMO (2011 update) Photos

Related Gallery:CEATEC JAPAN 2013 Honda Gas engine

Related Gallery:CEATEC JAPAN 2013 Honda Application software

Related Gallery:2015 Honda Civic Type R testing

Related Gallery:Honda HF2620 Mean Mower:The fastest lawn mower Photos

Related Gallery:Honda ranking 50year

Related Gallery:Nissan Eporo robot cars

Related Gallery:Honda History of Humanoid Robotics

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 04 03

Related Gallery:IAA 2013 Hostessen and sexy Girls von Frankfurt