Related Gallery:Carbon Motors E7


米インディアナ州に拠点を置く自動車メーカー、カーボーンモーターズは、警察専用車両「E7」の製造を昨年から開始する予定だったが、米国エネルギー省(DOE)に3億1000万ドル(約310億円)の融資を断られたため、倒産という結末を迎えてしまった

『Indystar』紙によれば、製造されたE7は、結局プロトタイプの1台のみで、この1台もKey Auctioneers主催のオークションにかけられるという。オークションのターゲットは「クルマ好きの富裕層」としており、同社の破産手続きを担当した弁護士は「(クルマ好きで知られる)人気司会者ジェイ・レノも興味を示している」と語っている(本当だとすれば、彼のクルマ番組『Jay Leno's Garage』に登場するかもしれない)。1月23日に開催されるオークションでE7が落札されれば、その売上金は同社に出資してくれた人への返済に充てられるそうだが、同社の負債は2170万ドル(約22億円)にも上るため、雀の涙程度にしかならないだろう。

初の警察専用車両として開発されたE7は、米国パトカーの主流であるフォードの「クラウンビクトリア」がやや時代遅れとなり始めた今、絶妙なタイミングで登場する予定だった。また、同社に出資したBMWから、ツインターボの6気筒ディーゼルエンジンが供給されることも決まっていたが、残念ながら実現することはなかった。E7が幻のパトカーとなる前、同社の共同設立者だったステイシー・スティーブンズ氏はAOLのオリジナル番組『トランスロジック』に出演し、自らE7を運転してみせ警官の安全を守るための装備について説明してくれた。今となっては、それらが実に印象的だったのが思い出される。

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Carbon Motors E7


【PR】警察専用車両の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Carbon Motors E7 2013

Related Gallery:2013 Carbon Motors TX7 Photos

Related Gallery:Ford Police Interceptor Utility Photos

Related Gallery:2012 Ford Police Interceptor

Related Gallery:Jay Leno's EcoJet

Related Gallery:BMW Concept M4 Coupe

Related Gallery:2013 Ford SEMA Dreamcase Photos

Related Gallery:2015 BMW i8: Frankfurt 2013 Photos

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 04

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-05-03