AOL
Related Gallery:2012 Honda Civic Coupe: New York 2011


以前、ボルボ「S60」が赤外線レーザーで前方車両への追突を回避するシティ・セーフティのメディア向けデモンストレーションを行っている最中に衝突事故を起こしたが、今回はマツダで同様の事故が発生した。

事故は、埼玉県内行われた、マツダ「CX-5」の「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」というブレーキを自動制御する機能の体験試乗会で起きた。「CX-5」は自動ブレーキをテストするためウレタン製の障害物に向かって走行。しかし自動ブレーキは作動せず障害物を押し倒し、その先のフェンスに衝突。この事故で、試乗を行った客が頸椎を捻挫、助手席にいた販売店の従業員が腕を骨折する重傷を負ったという。

調査会社IHSモーティブのアナリストの安宅広史氏は「どんな安全機能でも事故を100%防ぐことは不可能」と語っている。

なお、米国市場でマツダのスマート・シティ・ブレーキ・サポートは、マツダ6(日本名:アテンザ)グランドツーリングに標準搭載され、CX-5マツダ3(日本名:アクセラ)のオプション装備となっている。同社は、「警察の事故調査には全面的に協力する。現時点で同機能に関するほかの問題についてのコメントは差し控えたい」としている。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
Related Gallery:2012 Honda Civic Coupe: New York 2011


【PR】マツダ CX-5の購入を考える前に!!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Contacto: Ford Focus

Related Gallery:BMW Serie 1 M Coupé (avances)

Related Gallery:Logitech Revue: Pressebilder

Related Gallery:Logitech Revue y accesorios

Related Gallery:Logitech Keyboard Controller (fotos en vivo)

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 05 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 05 01

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 04 03