スバルの新型「WRX」全貌画像がすでに流出!?
昨日お伝えしたスバルの新型「WRX」だが、20日の正式発表を前にインターネット上ではその画像がすでに流出してしまっているようだ。スペイン版Autoblogが掲載している記事を元にご紹介しよう。

Related Gallery:Audi A4 DTM

スペイン版の記者はこの画像について「コンピューターによるレタッチの可能性もある」としているが、その真偽のほどは皆さんのご想像にお任せしたい。

今回流出した"新型WRXと思われる"画像を見ると、ベースとなっている(であろう)「インプレッサ G4」とは、ボンネット、フロント・グリル、前後バンパー、前後フェンダー、後部ドア、ヘッドライト&テールライトまで、多くの外装パーツが異なっていることが分かる。ただしグリーン・ハウスとルーフ・ラインはどうやらほぼ共通らしい(リア・クォーター・ウインドウは下辺が異なる)。ブリスター・フェンダーはインプレッサに比べれば大きく張り出しているが、2013年3月のニューヨーク国際オートショーに登場した「スバル WRX コンセプト」ほど(残念ながら)ワイドでもなければ低くもない。トランクリッドに装着されたスポイラーは控え目。以前スパイショットを撮影されたテスト車両が付けていた大型ウイングは「STI」バージョン用だろうか。リア・バンパー下部にはディフューザーとクローム・メッキされた4本出しエキゾースト・テールパイプが見える。つまり、フロント・グリルとホイール、リア・ウイングを除けば、今年4月にドイツ・ニュルブルクリンクで目撃されたテスト車両とほとんど同じだった、というわけだ。



NYショーに出展されたWRX コンセプトを見て期待していた方は、この画像を見てがっかりされただろうか。それとも現実的な車幅に収まっているようで喜ばしいと感じていらっしゃるだろうか(何しろWRX コンセプトの全幅は1,890mmもあったのだから)。あるいは"正式発表"まで判断は留保したいとお考えかも知れない。

それはともかく、今回LAで発表される市販モデルは「米国仕様」とのこと。日本仕様はまた細部が異なる可能性もあるし、さらにこの後、より高性能な「WRX STI」が控えていることも想像がつく。まずは1週間後のワールド・プレミアを楽しみに待とう。

追記:正式発表されました! 以下の記事をどうぞ。
「スバル、ロサンゼルスで"アメリカ仕様"の新型「WRX」を発表!」


"公式"スペシャルサイトは、以下のリンクからどうぞ。
SUBARU : 2013 Los Angeles Auto Show


News Source: Autoblog Español

By Hirokazu Kusakabe (Facebook)

Related Gallery:Audi A4 DTM

【PR】WRXの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Assassin's Creed: Brotherhood (10/19/10)

Related Gallery:HTC HD7 comparado con el Desire HD

Related Gallery:

Related Gallery:Teclado Sony Internet TV en nuestras manos

Related Gallery:AOC presenta seis monitores ultradelgados con tecnología LED

Related Gallery:

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 01

Related Gallery:Tokyo autosalon 2013 girls 09 05