【レポート】大破したフェラーリ「ディーノ」がアート作品として25万ドルで売却
先月、パリで開催された国際コンテンポラリーアートフェア(FIAC)に、大破したフェラーリ「ディーノ308 GT4」がアート作品として出展され、25万ドル(約2500万円)で売却されたことがわかった。

FIACは世界最大級の現代アート見本市で、今年も10月24日から27日までパリのグランパレで盛大に開催された。なかでも注目を集めたのが、フランスの代表的な現代アート作家ベルトラン・ラヴィエが1993年に手掛けたこの「ディーノ」だ。角張ったボディの308 GT4を大破させたもので、ありふれたものに芸術的価値を見出す"オブジェ・トルヴェ"の精神に則った作品だという。

大破した308 GT4に25万ドルの価値があるかどうかは、意見が分かれるところだろう。ディーノと言っても、フレアフェンダーとデイトナ風シートを装備した「ディーノ246 GTS」のデイトナバージョンであれば、高値がつくのも理解できるが、308 GT4に25万ドルというのは、例え新車同様の状態だとしても難しそうだ。

ちなみにこの作品を購入したのはトルコの現代彫刻のコレクターだという。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フェラーリの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Michael Jackson: The Experience (10/29/10)

Related Gallery:2010 Abu Dhabi Grand Prix

Related Gallery:Joe Danger (New Character DLC)

Related Gallery:Amazon sends 'welcome packet' to prospective app store devs

Related Gallery:Hitachi-LG: HyBrid Drive

Related Gallery:AMS Performance Alpha 10 GT-R

Related Gallery:Dell XPS hands-on

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 05 01

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 06 01