VWは、11月20日から12月1日まで開催される第43回東京モーターショーの出展概要を発表した。総台数17台という大量の出展ということでVWの力の入れようが感じられる。

Related Gallery:TMS2013 VW


EVのコンセプトカーとしては、「XL1」がジャパンプレミアとして参考出品される。燃料わずか0.9Lで100kmの走行を可能にするPHEV だ。リッター換算では111.11km/Lという超低燃費を実現している。

EV モードで50kmの走行レンジを持ち、2 シーターのコンパクトボディにカーボンファイバー強化樹脂を採用する事により車重わずか795kgを実現。最高速は160km/hを達成するとのことだ。


また市販モデルをベースとしたEVとしては、「e-up!」と 「e-ゴルフ」がジャパンプレミアで参考出品される。

e-up!」は、昨年10月に日本に導入された「up!」をベースとしたVW初の本格的量産電気自動車だ。最大60kW(82PS)の出力、210Nm のトルクを発生する電気モーター採用により、スポーティと呼べるほど力強く加速する。ちなみに、一回の充電で最大160km の距離を走ることができる。

「e-ゴルフ」は、85kW(115PS )を発生する電気モーターを搭載し、発進から270Nm の最大トルクを発生。最高速は電子リミッターが働く140km/h。100km走行当たり12.7kWh という電力消費の少なさが特徴だ。また、一回の充電では、最大190kmの距離を走ることができる。

先代の「ゴルフ ブルーeモーション」を試乗した際も完成度が高かったが、今回のモデルがどのような進化をしたのか注目したい。


The Beetle 」は、Cabriolet 50'sをジャパンプレミアとして参考出品する。専用のブラックボディにクラシカルなホイールデザイン、クロームのドアミラー等、特別な内外装がコーディネートされ、1950 年代のビートルカブリオレを現代風に解釈し直したモデルとして仕上げられている。

以前紹介した、所ジョージ氏がプロデュースした「ザ・ビートル」が好評であったが、ブラックボディにメッキのホイールという組み合わせで、それと雰囲気が近い仕上がりになっている点も興味深い。


ゴルフ」の最強モデルの「ゴルフ R」もジャパンプレミアとして参考出品される。新開発の300PS(221kW) 2LのTSI エンジンを搭載し、ターボの強大なパワーを4MOTION(4WD)を介して路面に伝えるといった仕様だ。専用内外装によりスポーティに仕立て上げられ、「ゴルフ」としては、特別かつ最強モデルとなる。


待望の「ゴルフ」のステーションワゴンモデルである「ゴルフバリアント」のR-lineがジャパンプレミアで参考出品される。R-Line 専用18インチアルミホイールの他、専用フロントスポイラー、クロームデュアルエキゾーストパイプ等を採用し、スポーティな外観に仕上がっている。


パサートヴァリアント」のR-lineもジャパンプレミアで参考出品される。この車はクラストップレベルの環境性能、質感高いデザイン、抜群の積載性と機能性により、新しいプレミアムワゴン市場の一翼をになっている「パサートヴァリアント」をベースに、スポーティなR-Line 専用の内外装パーツを装着し、さらにスポーツサスペンションにより走りの性能を高めたコンセプトモデルだ。


up!」はEVのモデルだけではなく、クロスポロ、クロストゥーランに続くクロスシリーズの「cross up!」もジャパンプレミアで参考出品される。高められた車高や専用16インチアルミホイールにより、タフなイメージを強調し、ルーフレールやサイドミラー、バンパーのアクセントをシルバー塗装にして、街乗りにも似合うスタイリッシュな個性を表現している。


レース車両としては、「ポロ」R WRCが出展される。WRC 初参戦の2013年、3 つのワールドチャンピオン(ドライバー/コ・ドライバー/マニュファクチャラーズ)を獲得したレース車両だ。

この他にも、「シャラン」、「クロストゥーラン」、SUV の「ティグアン」等も展示されるとのことだ。また、今回公表されず、モーターショーの初日のプレスデイに初公開されるワールドプレミアモデルがあるとのことなので、モーターショー初日は要チェックだ。

【PR】VW車の購入を考える前に!!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:E*Trade baby

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:E*Trade baby

Related Gallery:Klipsch Palladium Speakers


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Dartz Jo-Mojo

Related Gallery:HP Envy 15 vs. MacBook Pro

Related Gallery:Toshiba Camileo Air10