これで全部!? 日産、東京モーターショーの出展概要を発表!
日産は、11月23日から12月1日まで一般公開される第43回東京モーターショーの出展概要を発表。ユニークなEVコンセプトカーをはじめ新型市販車、さらに「GT-R NISMO」が出展されるという。

Related Gallery:Chevy Volt battery housing recycled into duck homes

まずは今回のショーで日産イチ押しと見られるコンセプトカー「ブレイドグライダー」。「グライダーと三角翼をルーツに究極まで突き詰めた効率性と高揚感の両立」により、新しい「グライディング・プレジャー」を提供するという。運転席を車体中央に配置し、その両側後方に2つの座席が備わるという「マクラーレン F1」を思わせるセンター・コクピットの3人乗りで、左右の後輪をインホイール・モーターがそれぞれ独立制御して駆動するとのこと。



まるで「デルタウイング」のロードバージョンかと思ってしまうようなユニークな形状の車体は、「航空力学に着目し、幅の狭いフロントトレッドと幅広でより安定性のあるリヤトレッドという三角翼形状によって、路面に吸着するようなダウンフォースを得る」一方で、「極限まで空気抵抗を軽減しつつ、異次元のコーナリング&加速性能と省電費の両立を実現」するそうだ。やっぱりコンセプトはデルタウイングである。どんなコーナリングを楽しめるのか、その「グライディング・プレジャー」に期待したくなる次世代EV。



「デイズ ルークス」は日産と三菱による協同事業から生まれた軽自動車第2弾モデル。2014年初頭に日本で発売されることが決まっている。両側スライド・ドアを採用し「スーパーハイトワゴン」を名乗る室内には「27インチの自転車を収納可能」で、しかも「ゆったりとした広さとプレミアム感を表現したインテリアデザイン」になっているそうだ。好評発売中の「デイズ」同様、「アラウンドビューモニター」を装備し、さらに軽自動車初となる「リヤシーリングファン」も搭載(いずれもグレードによる)。すでに先行予約を受付中なので、詳しい情報は以下のリンクから公式サイトをご覧いただきたい。

日産デイズ ルークス



さらに間もなく発売される市販車が続く。3代目となる新型「ティアナ」は「プレミアムセダンとして世界120ヶ国以上で販売されるグローバル戦略車」。すでに2013年2月に中国で発表済み。年内に日本でも発売される予定だそうだ。2.5リッターまたは2.0リッターの直列4気筒エンジンと「エクストロニックCVT」が搭載される、はず。「室内空間は乗る人全員の快適性をサポートし、ティアナのDNAである"おもてなし"を継承」しつつ、「走行性能を向上させ、走る愉しさを味わえる余裕のある走りを実現」したそうだ。最近流行語となっている「おもてなし」、既に日産は2代目ティアナのときから使っていることをさりげなくアピール。



新型「エクストレイル」は、これも2013年9月のフランクフルト・モーターショーで発表済み。日産によれば3代目は「シーンを問わない高い走行性能、使い勝手の良いラゲッジとユーティリティ、最強のSUVにふさわしい先進機能と環境性能が特徴のSUV」だそうだ。2.0リッター直列4気筒エンジンを搭載して12月には日本でも発売される予定だが、今後1年以内にハイブリッドも投入されることがすでに明言されている。



プレミアムミニバンを名乗る「エルグランド」は、ビッグ・マイナーチェンジが施されたモデルを先行展示。画像をご覧になれば嫌でも目に付くように、エクステリアは「大迫力のフロントフェイス」に変更され、さらに「高品質でラグジュアリーなインテリアを装備し、また荷室の拡大も実現」したそうだ。2014年1月に日本で発売予定。



国内で最も売れているミニバン「セレナ」もビッグ・マイナーチェンジが施される。「スタイリングはフロントからリヤまで一新」され、衝突回避を支援する「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」が標準装備となるそうだ。こちらは2013年12月に日本で発売予定。



コンパクトハッチバック「ノート」もマイナーチェンジを受け、「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」、そして「踏み間違い衝突防止アシスト」などの先進安全装備が採用される。2013年12月に日本で発売予定。

そして街で最もよく見掛ける電気自動車「リーフ」には、「スタイリッシュでスポーティーなフォルムをまとった」という「リーフ エアロスタイル」が登場。こちらも2013年12月に日本で発表予定とのこと。

こうして発表された出展車両を見ると、ブレイドグライダー以外はすぐに発売される市販車ばかり。肝心のGT-R NISMOについてはまだ画像も公開されていない。開幕時のお楽しみというところだろう。さらにアメリカでは日産副社長のアンディ・パーマー氏が「トヨタ 86」や「スバル BRZ」に対抗するモデルを東京モーターショーで見せると発言しており、どうやら今回発表された出展車以外にも"サプライズ"が用意されているのではないかと期待してしまう。それともパーマー氏の言葉は単なるハッタリだったのか!? 11月20日に公開される日産ブースを楽しみにしたい。


By Hirokazu Kusakabe (Facebook)

Related Gallery:HTC EVO View first look

【PR】GT-R NISMOの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:2011 Ford Transit SportVan

Related Gallery:VW Jetta SportWagen TDIs gifted to TN law enforcement

Related Gallery:Motorola Defy Hands On

Related Gallery:HP Envy 14 Beats edition

Related Gallery:Dungeons and Dragons Online Update 7 Preview

Related Gallery:

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 07

Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 06

Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 05