【ビデオ】ローンチコントロールよりも速くクルマをダッシュさせる裏ワザを大紹介!
Related Gallery:2013 SRT Viper First Drive Photos

ローンチコントロールは、いま自動車業界で最もクールな先端テクノロジーだ。ボタンを押すだけで、簡単に急発進することができる。しかし時には、ドライバーの技術がコンピューターに勝ることもあるようだ。

今回紹介する米自動車誌『Car and Driver』のビデオでは、テスト車として2014年型SRT「ヴァイパー」を用意。同モデルはローンチコントロールを作動させると、0-60mphが4.2秒、1/4マイル(約400メートル)の走行タイムは125mph(約201km/h)で12.1秒を達成する。これでも悪くない数字だが、ちょっとした運転テクニックを駆使すれば、これを上回る結果がローンチコントロールなしで得られるという。

ビデオでは、気になる"裏ワザ"がわかりやすく紹介されている。ぜひご自分の目で確かめてほしい。




By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2013 SRT Viper First Drive Photos


【PR】ヴァイパーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:SRT Viper GTS-R at Petit Le Mans Photos

Related Gallery:SRT Viper TA Photos

Related Gallery:SRT Viper GTS-R ALMS debut at Mid-Ohio Photos

Related Gallery:2013 SRT Viper Photos

Related Gallery:2014 Jeep Grand Cherokee SRT8

Related Gallery:2012 Chrysler 300 SRT8: First Drive Photos

Related Gallery:Drop Top Customs Chrysler 300 and Dodge Charger SRT8 Photos

Related Gallery:Jeep Grand Cherokee SRT8 delivered to Scuderia Ferrari Photos


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 03