【ビデオ】硬派な内容で有名な米の番組がランボルギーニの魅力を大解剖!
今回は米CBSの看板ドキュメンタリー番組『60ミニッツ』が、創立50周年を迎えたランボルギーニのイタリア本社を訪ね、その魅力にたっぷり迫ったビデオをお届けしよう。

ビデオでは、『CBS News』のアンカーマンであり著名なジャーナリスト、スコット・ペリー氏が自らハンドルを握り、「ガヤルド」でイモラ・サーキットをテスト走行したり、「アヴェンタドール」で公道をドライブしてランボルギーニ車のパフォーマンスを体験している。また、トラクター製造で成功を収めていた創始者が、ランボルギーニ社の設立に至ったエピソードも紹介。さらに、サンターガタの本社工場でマシンが1台ずつ手作業で作られている様子も垣間見ることが出来る。ちなみに1日の生産台数は11台(米フォードは約2万3000台)というから、ランボルギーニ車がどうして高価なのかが分かるだろう。

また、50周年を祝うために世界中から350人のオーナーが愛車を引っ提げて集結し、あらゆる製造年、あらゆるモデルが並んだ最後のシーンは圧巻の一言に尽きる。イベント最終日にお披露目されたのは、50周年記念モデルの「ヴェネーノ」だ。4台限定生産(うち1台は非売)で、価格は400万ドル(約3億9400万円)とのこと。

番組冒頭でペリー氏は、「数千万円をはたいても手に入るのは1年後。しかも、2シーターでトランクはおまけ程度の大きさしかなく、燃費はリッター6kmだ」とランボルギーニを逆説的に語っている。だが、それを補って余りある魅力があることが、このビデオでお分かりいただけるだろう。

それでは早速、約12分間の映像を楽しんでほしい。




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ランボルギーニの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Beats Pill 2.0 and Pill XL

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Pretec Booth(Lots of Affordable SSD)

Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on