ジャガー、ロサンゼルスと東京モーターショーで「Fタイプ クーペ」をお披露目!
ジャガーは、現地時間の11月19日にロサンゼルスで「Fタイプ クーペ」を世界初公開すると発表。ほぼ同時刻に日本でも東京モーターショーで公開されるというから楽しみだ。

Related Gallery:Jaguar F-Type Coupe

Fタイプ」はジャガーが約50年ぶりに発表したフロント・エンジンの2シーター・スポーツカー。その名前が表す通り、1960〜70年代に一世を風靡した名車「Eタイプ」(下の画像:左)の精神的後継車である。2011年のフランクフルト・モーターショー出展されたコンセプトカー「C-X16」(下の画像:右)がその原型だが、翌2012年9月にパリでまず開閉式ソフトトップを備えたコンバーチブルとして登場した。それから約1年の時を経て、かねてからの噂通り、C-X16と同様の固定式ルーフを持つクーペが追加されるというわけだ。



今回1枚だけ公開された画像を見ると、ルーフ後方のラインがボディ・エンドに向かってなだらかに下降するファストバック・スタイルはC-X16から変わっていないが、ルーフには2人分のシート頭上に陽光降り注ぐグラストップを採用するらしいということが分かる。リア・ウインドウ部がC-X16やEタイプ・クーペのように横ヒンジで開くかどうかは不明。

ジャガーのデザイン・ディレクターであるイアン・カラム氏は次のように述べている。
「『C-X16』を披露した際の反響はとても素晴らしいものでした。そして新しいFタイプ クーペのデビューとなる、興奮と熱狂に包まれるであろうロサンゼルスでのプレミア・イベントは、忘れがたい瞬間となるでしょう。」

「Fタイプ コンバーチブルは、我々が圧倒されるほど、素晴らしく高い評価を得ています。私個人にとっては、真のスポーツ・クーペを作り上げることは、何事にも代えがたい達成感を感じられる作業の一つです。視覚的にも動的にも、Fタイプ クーペは、その基準をさらに引き上げてくれた、一台といえるでしょう。」

Fタイプ クーペの発売は2014年春以降になる予定だという。ロサンゼルスで現地時間の11月19日19時(日本時間11月20日12時)より開催されるプレミアム・イベントで世界初公開され、その様子はインターネットのウェブキャストを通じて中継されることになっている(文末のリンクを参照)。またその15分後には東京モーターショーでもジャガー・ランドローバーのプレスカンファレンスが行われ、そこでもFタイプ クーペは披露される予定だ。

東京ビッグサイトで開催される第43回東京モーターショーの一般公開日は11月23日から12月1日まで。ロサンゼルスと同時に世界で最も早く展示されるFタイプ クーペの実車を見に、ジャガー・ランドローバーのブースを訪れてみてはいかが?

Jaguar LA live broadcast


By Hirokazu Kusakabe (Facebook)

Related Gallery:Jaguar F-Type Coupe

【PR】Fタイプの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Jaguar C-X16 Concept Photos

Related Gallery:Jaguar C-X16 Concept: Frankfurt 2011

Related Gallery:Jaguar C-X16 Concept LA 2011 Photos

Related Gallery:Jaguar F-Type

Related Gallery:2013 Jaguar F-Type Paris 2012 Photos

Related Gallery:2014 Jaguar F-Type: First Drive

Related Gallery:1961 Jaguar E-Type

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC

Related Gallery:HP dv6(old)and Envy

Related Gallery:old dv6 Bench