三菱自動車、3台のコンセプトカーを東京モーターショーで世界初披露!
三菱自動車は、11月23日から12月1日まで一般公開される第43回東京モーターショーにおいて、今後の方向性を示す3台のコンセプトカーを世界初披露すると発表。その概要を明らかにした。

Related Gallery:Mitsubishi Motors Tokyo Motor Show 2013

 
まずは次世代ラージSUVとしてのコンセプトを示した「MITSUBISHI Concept GC-PHEV」。車名の「GC」は「グランド・クルーザー」の略だとか。全長4930mm × 全幅1940mm × 全高1980mmというサイズは、現行型「パジェロ」より30mmだけ長く、65mm幅広く、110mmも背が高い。

パワートレインは3.0リッターV型6気筒スーパーチャージャー付き「MIVEC」エンジンと高出力モーターをフロントに縦置きし、8速オートマティック・トランスミッションと副変速機を介して4輪を駆動する、プラグインハイブリッドのフルタイム4WD。ラゲッジ・スペース下に積まれた大容量バッテリーとモーターのみによるEV走行も可能で、その際にもモーターの駆動力は8速ATを介して変速されるため、「低速から高速までモーター出力を有効活用」できるという。また、エンジンをモーターがサポートするハイブリッド走行時は「力強くゆとりあふれる動力性能を発揮」し、「悪路での走行や大きな負荷のかかる牽引も苦にしません」とのこと。



バッテリーがフル充電されていればモーターのみで40km以上の距離を走行でき、ハイブリッドの燃費は15km/L以上。最高出力はエンジンが340ps、モーターが95psと発表されている(数値は目標値)。エンジン+モーター(あるいはモーターのみ)が発生させた駆動力は8速ATから電子制御センターLSDと副変速機を通じて4輪に振り分けられるが、フロントにも搭載された電子制御LSDや、モータートルクで後輪左右の駆動力差を制御する「E-AYC」によって、前後4輪の駆動力は綿密に制御されるという。



フロント・ガラスには、AR(拡張技術)を応用し走行に必要な様々な情報を表示する「ARウインドシールド」を搭載。ヘッドアップディスプレイをさらに進化させたようなものか。他にも車両に搭載された合計8個の赤外線カメラとレーダー、センサーなどを使った予防安全技術「e-Assist」や、クルマとITネットワークが常につながる「コネクティッドカー技術」など、三菱が近未来に向けて開発中の様々な技術が詰め込まれている。どこまで次期型パジェロに採用されるか楽しみだ。



続いて、よりコンパクトで軽快な走りを追求した『MITSUBISHI Concept XR-PHEV』。「XR」という車名は「スペシャリティクーペとSUVを融合」させ、「街中をきびきび走る」という意味を表す「X(Cross) over Runner」の略だそうだ。やはりプラグインハイブリッド・システムを採用するが、こちらは横置きエンジン+モーターによる前輪駆動。"ダウンサイジング・コンセプト"を採り入れたという1.1リッター直列3気筒ターボ「MIVEC」エンジンの最高出力は136psとやや控え目だが、昇圧コンバーターによって700Vの電圧が必要に応じて掛けられるモーターは最高で163psという出力を発揮する。フロア下に搭載されたバッテリーとモーターのみによるEV走行が可能なことはもちろん、ハイブリッドでもエンジンとモーターの組み合わせで駆動するシリーズ走行と、エンジンを発電機として使いモーターで走行するパラレル走行を使い分ける。走行状況やバッテリー残量に応じて最適な走行モードが自動的に選択されるというが、基本はモーター走行。ハイブリッド燃費は28km/L以上、EV走行換算距離85km以上と発表されている(目標値)。



車体サイズは全長4370mm × 全幅1870mm × 全高1570mm。現行型「RVR」より75mm長く、100mm幅広く、45mm低い。ルーフにはソーラーパネルが装備されているが、これは補器用バッテリーを充電するため。アグレッシブな内外装やショー向けと見られるワイドなボディはともかく、前輪駆動のみとしたプラグインハイブリッドのパワートレインなどは次期市販モデルに採用される見込みが高い。



そして3台目は、「SUVの機動性を合わせ持つ」という6人乗りコンパクトMPV「MITSUBISHI Concept AR」。車名は「多人数でアクティブに楽しめる」という意味の「Active Runabout」に由来するそうだ。上記の「XR」と同じ1.1リッター直列3気筒ターボ「MIVEC」エンジンに、最高出力10kW(13.6ps)のベルト駆動スターター・ジェネレーターを組み合わせた「マイルドハイブリッドシステム」を搭載する。こちらはエンジンによる走行が基本で、副変速機付きCVTを介して前輪を駆動。ハイブリッドは発進時や加速時にアシストするだけで、EV走行は不可能。燃費は24km/L以上と発表されている(目標値)。全長4350mm × 全幅1780mm × 全高1690mmというサイズの車内には4名分の独立式シートと2人掛けの3列目シートを装備。様々なシート・アレンジが可能で、駐車時には「4人対座で広いスペースを共有」することもできる。



いずれも三菱らしい、異なる技術を見せる3台のコンセプトカー。一見、現実味の薄い派手目なショーカーとして映るが、その中身1つひとつの要素を見れば、意外と市販車に"降りてくる"日も近いと思われる。これらの他にも、2014年初頭に発表が予定されているスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車「eK スペース」が参考出品されるそうだ。東京モーターショーの三菱ブースに関する情報は、以下のリンクから公式サイトのスペシャル・ページでチェックを。

東京モーターショー2013 スペシャルコンテンツ


By Hirokazu Kusakabe (Facebook)

Related Gallery:Mitsubishi Motors Tokyo Motor Show 2013

 
【PR】次期型パジェロの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Mitsubishi CA-MiEV Concept

 
Related Gallery:Mitsubishi Concept GR-HEV Geneva 2013

 
Related Gallery:Jeremy Foley's 2003 Mitsubishi Lancer Evo 8 Photos

 
Related Gallery:Mitsubishi OUTLANDER PHEV

 
Related Gallery:Mitsubishi Pajero Mini 1992 Paris-Moscow-Beijing Rally Replica

 
Related Gallery:2011 Mitsubishi Outlander Sport SE AWC: Review Photos

 
Related Gallery:2013 Mitsubishi Outlander PHEV: Paris 2012

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 03

 
Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 02

 
Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 01