【レポート】トム・クルーズが新作映画でキャロル・シェルビー役に!
映画俳優トム・クルーズが、今年公開され主演を務めた映画『オブリビオン』のジョセフ・コシンスキー監督と再びタッグを組み、レースを題材にした映画『Go Like Hell』を制作するという噂だ。

『Go Like Hell』は、1960年代の欧州のレースでフェラーリに挑んだフォード社の闘いと栄光を描いた作品で、同名小説がベースとなっている。トムが演じるのは、元F1レーサーでフォードチームを支えた伝説のレーシングカー・デザイナー、故キャロル・シェルビー氏。トムは過去にも映画『デイズ・オブ・サンダー』でレーサー役を演じており、新作でもレーシングファンを大いに魅了してくれそうだ。

この原作本を映画化する動きは今回が初めてではなく、1年半ほど前には大のフェラーリファンで、ドラマ『マイアミバイス』(ドラマ版は製作総指揮、96年公開の映画版では監督)で有名な映画監督マイケル・マンも制作を試みたという。今回もまだ正式な契約には至っていないというが、誰が制作するにしても劇中で「フォードGT40」がたっぷり見られることを期待したい。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フォードの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:super bowl colors

Related Gallery:Microsoft Surface 2 Remix Project hands-on

Related Gallery:

Related Gallery:Samsung's S9110

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ASUS Eee PC X101 hands-on

Related Gallery:ASUS UX Series ultraportable notebooks

Related Gallery:Cama con armario Volkswagen T1