【ビデオ】エコな運転かどうかをモニターの自画像で知らせてくれるレクサスの特別車
今回は、走行データをもとにドライバーの"自画像"がモニターに写し出されるというレクサスIS300h」の特別車をご紹介しよう。

ハイブリッドカーには、ドライバーにエコドライブを促すため、メーターパネルに葉や木のアイコンを表示し、その達成度を知らせるものがある。しかしこのクルマは、ドライバーの運転の特徴によって絵のタッチを変え、"自画像"の仕上がりでエコドライブ度を教えてくれるという。

このIS300hの特別仕様車は、レクサスが"Art Is Motion"と銘打ったキャンペーンの一環で製作したもの。スペインのビジュアルアーティストの描画プロセスを忠実に再現する特殊なソフトウェアが搭載されており、ドライバーの顔写真をこのソフトウェアにアップロードすると、自画像がそのアーティスト独自のタッチでセンターディスプレイに描かれるという仕組みだ。

絵の仕上がりは、車のスピード、エンジンの回転数、ハイブリッド走行の頻度に応じて変化する。例えば、電気モーターのみの低速走行の時は、上の写真の様に写実的に描かれるが、過度にスピードを出すと筆が乱れ、絵がグチャグチャになってしまうという。

ご紹介する3本のビデオでは自画像作成の仕組みや制作に携わったアーティストのコメントが収められているのでぜひご覧いただきたい。




By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】レクサスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Elemental Cars RP-1 Photos

Related Gallery:

Related Gallery:Panasonic FP8

Related Gallery:Victorinox Presentation Pro

Related Gallery:

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept

Related Gallery:iPad G-Form Sleeve