スズキは、11月23日に一般公開が始まる東京モーターショー2013の出品概要を発表。「新しい物語をつくろう。」をテーマに、既存のジャンルを越えたコンパクトカーを提案する。

Related Gallery:

 
今回スズキが掲げた出展テーマ「新しい物語をつくろう。」に込められた意味とは、「お客様の日々の暮らしがひとりひとりの物語であると捉え、それぞれの物語に何かをプラスすることで、今までとは違う新しい物語をお客様と共に生み出したい」との思いであるという。その言葉通り、出展されるコンセプトカーはそのどれもがスズキの得意とするコンパクトカーに、既存のジャンルを越えた"新しい何か"を加えたクロスオーバーなクルマとなっている。



まずは前回(2011年)の東京モーターショーで発表したコンセプトカー「REGINA(レジーナ)」の次世代軽量プラットフォームをベースに、車高を上げてコンパクト・クロスオーバー車として仕立てた「Crosshiker(クロスハイカー)」。小型車クラスのサイズでありながら、自慢の軽量技術により車両重量は「軽自動車並み」の810kgに抑えられているという。これにレジーナに積まれていた800ccエンジンより排気量が大きな新開発の1リッター直列3気筒を搭載。「動力性能と環境性能を高い次元で両立させた」そうだ。「中身はエコでありながらも、デザインはキャラクター性があり愛着が持てるものにしたい」というREGINAのコンセプトを継承しながら、「より躍動感の強いスタイリングを採用し、遊び心を忘れない大人のためのクロスオーバーにふさわしいデザインとした」とのこと。それはいいとして、REGINAの市販化はどうなっているのだろう?



ハイブリッドの本格4輪駆動車というコンセプトカー「X-LANDER(エックス・ランダー)」は、軽クロスカントリー車「ジムニー」がベース。ただし660ccではなく1.3リッター・エンジンを搭載するという。4WDシステムには高効率モーターが組み込まれ、「最新の環境性能と高い走破性能を実現」したそうだ。さらに「新開発の自動制御マニュアルトランスミッション」を搭載するというから楽しみ。「オフローダーの持つ力強さと精密でメカニカルなイメージを融合させた」というデザインの中には、次期型ジムニーのヒントが隠されているかも。現代的なパワートレインの製品化にも期待。



スズキ得意のボクシーな軽乗用車に、SUV的な要素を取り入れた「HUSTLER(ハスラー)」は、反響次第ですぐにでも市販化できそうな1台。アウトドアやスポーツを好む「アクティブなライフスタイルに似合う」という、「新ジャンルの軽自動車のクロスオーバータイプ」を提案するモデルだそうだ。かつてダイハツから販売されていた「ネイキッド」のことを思い起こせば「新ジャンル」は言い過ぎの感もあるが、「アウトドアイメージを押し出したエクステリア」と、「広く快適な車内空間と実用性の高いインテリア」を組み合わせたという、「SUVテイストあふれる、おしゃれで実用的なデザイン」は、その落とし所に勝算ありとみた。



SUVのウエスト・ラインから上に、クーペ風の低いルーフ・ラインを組み合わせてバリエーションを仕立てる手法は最近の流行といえそうだが、スズキは軽自動車でこれに挑戦。先にご紹介したHUSTLERに「クーペシルエット」を与え、「更なるバリエーションの幅を拡げるデザイン」を提案するという「HUSTLER Coupe(ハスラークーペ)」がそれだ。HUSTLERより低いフロント・ウインド・スクリーンは空気抵抗が減り、重心が下がれば運動性能も上がるはず。最近の背が高い軽自動車には辟易している人向けに、こちらも市販化を期待したいモデル。ドアに装着された樹脂製プロテクタが、実際以上に姿勢を低く見せる。「GREEN FEEL」と描かれたロゴの真意は今のところ不明。



さらにもう1台、「iV-4」と名付けられたコンパクトSUVのコンセプト・モデルも出展されるが、これは既に9月のフランクフルト・モーターショーで公開済み。スズキの次世代4輪駆動システム「ALLGRIP」を搭載し、2015年には市販化されることが明言されている。



以上のような4輪車の他にも、スズキのブースには588cc直列2気筒ターボ積んだコンパクトロードスター「Recursion(リカージョン)」や、電動ミニモト「EXTRIGGER(エクストリガー)」、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」の日本仕様、そして2015年のモトGP復帰を目指して現在開発中の「モトGP参戦開発車両」など、注目の2輪車も数多く出品される予定だ。

前回と同じく東京ビッグサイトが会場となる東京モーターショー2013の開催期間は、2013年11月23日から12月1日まで。映画監督 岩井俊二氏のプロデュースによるコンセプトカーの紹介映像がメインステージの後方に設置された3.6m×40mの超ワイドパノラマスクリーンに流れるというスズキのブースをお楽しみに。スペシャル・サイトは以下のリンクからどうぞ。

スズキ 第43回東京モーターショー2013 スペシャルサイト


By Hirokazu Kusakabe (Facebook)

Related Gallery:

 
【PR】次期型ジムニーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Mercedes-Benz CLC (dibujos)

 
Related Gallery:Samsung Wave 723

 
Related Gallery:2-year-old cheerleader

 
Related Gallery:2-year-old cheerleader

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:Mirasol concept smartphone eyes-on at SID 2011

 
Related Gallery:VW Fox 2010

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Samsung Galaxy Nexus Hands-On

 
Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On

 
Related Gallery:Motorola RAZR - chinesische Varianten