【ビデオ】ホンダが駐車場のカメラと連動した自動駐車技術を披露
先日開催された「ITS世界会議東京2013」で、ホンダは駐車場のカメラと連動した"自動バレーパーキング"の技術を「フィットEV」を使って披露した。

ホンダが披露したのは、利用者が駐車場の決められた場所(送迎エリアなど)にクルマを止め、その場に設置されているタッチスクリーンに触れると、自動で空スペースに駐車してくれるというもの。呼び戻すときはタッチスクリーンを再び操作する。

この自律走行による駐車システムは、クルマに搭載したリヤカメラと駐車場に設置されたカメラとの無線通信を利用。先日、フォードが「フォーカス」による自動駐車システムを披露したが、こちらはクルマ単独のシステムだったのに対し、ホンダの方は駐車場の設備を利用するタイプだ。



ホンダ方式では複数のクルマが同時に駐車サービスを受けることができる他、クルマにセンサーを追加しなくても済むが、駐車場に設備が整っていることが前提となる。ホンダによると2020年までに実用化を目指しており、特に郊外のショッピングセンターの駐車場などでの利用を想定しているという。

では早速ビデオで自動バレーパーキングの様子をチェックしてみよう。ホンダがこの他に発表した半自律走行システムや非接触充電技術についてはプレスリリース(英語)をどうぞ。




By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ホンダの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Honda N-WGN

Related Gallery:Honda N Box + Photos

Related Gallery:4 Honda NSX Concept-GT Photos

Related Gallery:honda new odyssey

Related Gallery:2014 Honda Civic Tourer

Related Gallery:Honda Fit With Mugen Parts Photos

Related Gallery:i mmd hondaaccord hybrid

Related Gallery:Honda S800 Cognilio: OLD/NOW 2013


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 07

Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 08