【レポート】「シグネット」販売終了の原因はトヨタ? アストンのCEOがトヨタを非難
Related Gallery:

先月、生産中止を迎えたアストンマーティン「シグネット」。その背景には、5万ドル(日本円で約488万円)という高額な価格などによる販売の不振が要因として挙げられるが、アストンマーティンCEOのウルリッヒ・ベッツ氏の考えは違うようだ。

ベッツ氏が英の自動車メディアとの対談で語ったことによれば、彼はシグネット生産中止の主な要因として、トヨタがシグネットのベース車であるiQの販売を2014年に終了してしまうからだと述べたようだ。一方、当のトヨタはこの事実を否定している。ところが、オランダのトヨタのインポーターはベッツ氏と同じ情報を得たとしており、すでにiQの輸入をストップしているという。仮にトヨタが欧州でのiQ販売をストップするのであれば、米国で今年9月までの販売台数が3365台(前年比51パーセントダウン)と売れ行きの悪いサイオン「IQ」の販売も終了を迎えることになりそうだ。

ベッツ氏はさらに、シグネットをアメリカ市場で販売したかったがトヨタの支持を得られなかったこと、スーパーチャージャー付きのエンジンを要求したが叶えられなかったことなどを挙げ、トヨタのサポートが不十分だったのも大きな要因のひとつだと指摘した。

はたから聞いていると、なんだか責任転嫁をしているようにも聞こえるが、みなさんはどう考えるだろう。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】シグネットの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Olympus SP-810UZ, primeras imágenes

Related Gallery:Where to go in April

Related Gallery:VIZIO presenta su trío serie XVT de televisores HD

Related Gallery:Verbatim Audio Bar USB

Related Gallery:Renault Fluence

Related Gallery:Renault Fluence Concept

Related Gallery:Editors' Picks: The Perfect Summer Car

Related Gallery:Bound By Flame (03/14/14)


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Force India VJM01

Related Gallery:Maserati GS Zagato