【ビデオ】「他と全然違う!」 クルム選手が日産の電動レーシングカーでデモ走行!
Related Gallery:


先週、日産の電動レーシングカー「ニッサンZEOD RC」が富士スピードウェイで初の公開走行を実施した。今回はそのときの映像をご紹介しよう。

「ZEOD」とは、「ゼロ・エミッション・オン・デマンド」の略で、「要求に応じて排出ガスを出さない」ことを意味する。同車は、最高速300kmを発揮するモーターの他に1.5リットルターボエンジンを搭載。来年参戦を予定するル・マン24時間レースでは、1周をモーターのみで走行し、続く11周はガソリンエンジンで走行するという。ちなみに、ガソリンでの走行時は、ブレーキエネルギーの回生システムを使ってバッテリーを充電するそうだ。



今回のデモ走行でハンドルを握ったのはドイツのレーシングドライバー、ミハエル・クルム選手。同選手はインタビューに対し、「他のレーシングカーと全然違う。とにかく楽しい」とZEOD RCの乗り心地に満足した様子だった。それでは、デモ走行やクルム選手のインタビューを映像でチェックしよう。



By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ニッサンZEOD RCの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Samsung Galaxy Tab - TouchWiz 介面

Related Gallery:

Related Gallery:LG Optimus Black and LTE-equipped Revolution coming to CES

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Leica Store in HK IFC Maill

Related Gallery:

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Chiling Lin at the Sony Internet TV annouce press

Related Gallery:Android at Home