スクーデリア・フェラーリの代表が「クビサのF1復帰はないだろう」と発言
スクーデリア・フェラーリ代表のステファノ・ドメニカリ氏が、ケガでF1レースから遠ざかっているポーランド人ドライバー、ロバート・クビサのF1復帰を悲観視していることがわかった。

BMWザウバーやロータス・ルノーGPで活躍していたクビサが事故に見舞われたのは、2011年のロンド・ディ・アンドラ・ラリーでのこと。ガードレールに接触したクビサのマシン(シュコダ製「ファビアS2000」)を接触のショックで折れたガードレールが直撃。彼は右腕を複雑骨折し、左手などにも単純骨折を負うという重傷を負った。それ以後、一時はレーサー生命も危ぶまれたクビサだが、先日、世界ラリー選手権(WRC)最終戦に参戦することがわかり、にわかにF1復帰への期待感が高まっていた。

しかし、ドメニカリ氏はスクーデリア・フェラーリ公式サイトのインタビューで事故前にクビサの獲得を検討していたことを認めた上で、F1復帰については次のように語った。「クビサのF1復帰は考えられない。残念ながらF1では極限の状況での反応性が求められる。今の身体状態では苦労するだろう」。

クビサの右手と右腕には現在も後遺症が残っているため、動きが制限されている。BBCスポーツによればF1復帰を確信していたというクビサだが、ステファノ・ドメニカリ氏の考えが正しいと言えるのかもしれない。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フェラーリの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Chrome OS Screenshots

Related Gallery:Funniest GIFs - 9-26-13

Related Gallery:Dell Mini 3 lightning hands-on

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Chiling Lin at the Sony Internet TV annouce press

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!