去年、米ラスベガスで開催されたSEMAショーに「マルティニ・レーシング」のカラーリングを施したフォード「マスタング」出展されたのを覚えているだろうか? "フォードがマルティニ・レーシングと手を組んでいたら?"というコンセプトで、白地に赤、紺、そして水色のストライプを施し改造を行ったというまさに車好きの空想を実現したマシンだ。今回は、ビンテージカー専門サイト『Petrolicious』による、このクルマを手掛けたスティーブ・ストロープ氏へのインタビュー映像をご紹介しよう。

ストロープ氏はこのクルマに実際にレースで使われたインディ・カー用の4.8リッターV8エンジンを搭載。最高速は160mph(約257km/h)だという。

それでは早速、ビデオをご覧いただきたい。ストロープ氏のマルティニ・カラーやマスタングに対する強い情熱を感じていただけることだろう。




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】マルティニ・マスタングの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Catfish

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Is this Palm's revamped App Catalog?


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:GM Windows of Opportunity applications

Related Gallery:Neato Robotics XV-21 (press images)

Related Gallery:Scooba 390 hands-on