Related Gallery:Alexander Imich

Related Gallery:


空飛ぶ車と言えば、数年以内の販売が予定されているテラフージア社の「トランジション」が思い出されるが、今回は、スロバキアで開発が進められている空飛ぶ車のプロトタイプ「Aeromobil 2.5」が初のテスト飛行を行ったときの映像をご紹介しよう。

「Aeromobil」はつい最近登場したように思われるかもしれないが、実は製造元のAeromobil社の共同設立者兼チーフデザイナーであるステファン・クライン氏が、20年もの歳月をかけて開発してきた車だ。今回テスト飛行を行ったAeromobil 2.5はAeromobilの第3世代のプロトタイプであり、1990年に開発された初代のAeromobil 1.0に比べると、外観は大きく変わり、より洗練された印象だ。折り畳み式のウィングは、地上走行時はボディ後方に格納され、空を飛ぶ際には広がる仕組みになっている。

Aeromobil 2.5は、スチール製フレームとカーボンファイバー製ボディを組み合わせた構造で、車両重量はわずか450kg、ロータックス製912エンジンで駆動するプロペラがリヤに搭載されている。最高速は、飛行時で124mph(200km/h)以上、地上走行時は100mph(160km/h)以上とのことだ(Aeromobil社は正確な数値を発表していない)。最大飛行距離は430マイル(700km)、地上での最大走行距離は310マイル(500km)となっているという。

それでは早速、テスト飛行の模様をご覧いただこう。またフォトギャラリーで、Aeromobil 2.5の画像とAeromobil 3.0のレンダリング画像をチェックするのもお忘れなく。




By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
Related Gallery:Alexander Imich

Related Gallery:


【PR】空飛ぶ車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:'Pawn Stars' celeb Rick Harrison

Related Gallery:Bang & Olufsen BeoVision 12-65

Related Gallery:Best of PS3 2008: Fighting

Related Gallery:

Related Gallery:Elemental Cars RP-1 Photos

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Motorola Xoom China

Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on